MotoGP

2012シルバーストーンGP成績表:無敵ロレンソ、悪魔憑きクラッチロー、ロッシ尻尾を巻く…etc

モトGP『2012シルバーストーンGP成績表』

2012silverstone-pagelle1.jpg


ホルヘ・ロレンソ(10点)
予選は4位で少々苦労しているのかと思いきや、そのペースを分析すれば向かうところ敵なしなのは分かっていたはずだ。スタートはやや慎重なスタートだったが、そう言うわけだ…絶好調で恐怖のオーバーテイク、こうなると一体誰がどうやって抑えられるものか。

2012silverstone-pagelle2.jpg ケーシー・ストーナー(7点)
予選ではメカニックらに苦労させていたが、決勝レースでは持てる力を出し切り、チャタリングとの勝負に何とか勝とうとしていた。しかしそれも敵わず、故にロレンソ選手に屈服することとなる。まぁ、自らを責めるほどのことでもないだろう。

ダニ・ペドロサ(6点)
チームメイトに攻撃を仕掛けようとしていたわけだから1点も差つけることはないのかもしれないが、しかし、充分な信念を抱いていなかったような手応えだ。最終ラップでも引け腰で、チームメイトが苦労している隙を狙うこともできなかった。

アルヴァロ・バウティスタ(8点)
PP獲得、決勝レースは4位でロレンソ選手とは5秒196差、HRC2選手とは1秒5差で…これ以上は無理だった。ホンダ選手の中では唯1人、新ブリヂストンのフロントタイヤに不満を言わず、レースを重ねる毎にどんどん成長している。コンスタントに上位グループに入ってくることを願う。

ベン・スピース(6点)
これまでのレースに比べると明らかに一歩前進しているし、序盤4ラップなどは首位を走ってもいた。その後、減速することとなり5位でゴール…ヤマハ選手の中では一番スピードが出ていなかった。つまり、回復しつつあると言うこと…しかし、先はまだ長い。

2012silverstone-pagelle3.jpg カル・クラッチロー(9点)
今日のヒーロー。最後尾から6位までの追い上げをこなしたのだ…しかも、左足を骨折していたと言うのに。悪魔に取り憑かれたような強いハンドルさばきで、もし走行テスト中に転倒しなければ(後の祭りとは言え大きなミスだった)表彰台も狙えたのではないか。この攻撃性、このスピリットは良いぞ。

ニッキー・ヘイデン(7.5点)
予選ではゴールより2つ手前のコーナーで転倒…あとわずかでPPと言う時だった。決勝レースでは序盤は攻めに回り、マシンを有効活用しようとしていた。しかし、それ故に何度か大きくふくらみ、最後はクラッチロー選手に順位を譲る結果となってしまった。チームメイトとは21秒差…人の一生ぐらい長い。

ステファン・ブラドル(6点)
予選で転倒し、左手の薬指を負傷した状態で参戦していたのだが、判断の難しいこのコースでやはり苦労していた。

2012silverstone-pagelle4.jpg ヴァレンティーノ・ロッシ(4点)
ウエットでは閃光が瞬き、そしてまた漆黒の闇が訪れる。2011年と同様、シルバーストーンでは尻尾を巻いてしまった。常にヘイデン選手に敵わず(ウエットでのセッションを除いて)、マシンのセッティングもコース判断も読み解くことができなかった。

エクトル・バルベラ(4点)
予選では常に好タイムを出すのだが、それも誰かの走行ラインに乗ってのこと(今回はロレンソ選手)。レースに向けての作業と言うものを覚えなければ。

アンドレア・ドヴィツィオーゾ(5点)
強い調子で走っていたし、表彰台(2位のポジションと言っても良い)にも余裕で手が届いていた。残念ながら第10ラップでの凡ミスで転倒…ただ、速いことは証明できた。ただし、予選リザルトを上げていかなければ。いつもいつも3列目スタートと言うのもないだろう。

ミケーレ・ピッロ(7点)
CRT機を駆ってでは競争力もそう高くはないが、操縦の腕は証明しているし、競争力が上のマルティネス・チームART機にもう一歩と言うところまで近づいている。

ヤマハ(9点)
弱点が見当たらない風であり、他のどのマシンと比べても最もブリヂストンタイヤを使いこなしているようだ。現段階では、技術面では全体の模範となっている。

ホンダ(6.5点)
ロレンソ選手さえいなければ本当に表彰台を独占できただろうが、ドヴィツィオーゾ選手やクラッチロー選手が転倒やらで失速していなければ、上位3機の中にRC213V機が食い込めたかどうか。チャタリング問題も解決できず、現在はブリヂストンのフロントタイヤもまた問題になっている。

ドゥカティ(5点)
ホンダやヤマハとのギャップは深刻なままで、ラップ0.8秒〜1.0秒と言ったところ。GP12機では勝つことはおろか、表彰台を争うことも不可能。


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Moto.it 2012年06月18日


いよいよロレンソ選手が、とんでもないことになってきたようですねぇ…



みんな、くれぐれも一人旅はやめてね…クリックPrego
人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP