ロッシがアロンソを抜く、シッチ記念館Open、IRTAテスト日程変更:今日のできごと

Pocket


なんと!
ヴァレンティーノ・ロッシのフォロワーが、フェルナンド・アロンソを抜いたんですよ!!
これね…けっこう、マジで驚きました…だって、F1の花形ドライバーですからねぇ…

モトGP『ロッシ:レーサーの中でフォロワー最多』

mediaset.it-rossi-follower.jpg ★この2年間の不調にもかかわらず、ヴァレンティーノ・ロッシのフォロワーが1,489,000人に達した(管理人注:当ブログ記事更新時には1,494,230人)。ちなみに来年、チームメイトとなるホルヘ・ロレンソが651,000人(651,875人)、F1のフェルナンド・アロンソ(フェラーリ)が1,375,000人(1,378,351人)。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2010年12月07日 Mediaset.it記事より抜粋)


ちなみに先日、ロッシ選手がビアッジ選手をフォローしたんですが…
いまだ、ビアッジ選手からのフォロー返しはないようでして…
ただし、ビアッジ選手…面白い体験をツイートしとりました。

《一昨日、ローマでこちらの女性が運転するタクシーに乗ったんだけど、名前がね、
ヴァレンティーナ・ロッシって言うんだよ…。降りたかったなぁ…冗談だけどね□□》


しかし…
おそらく数多のロッシファンには面白くなかった冗談だったようでして…
ビアアッジ選手…切れとります…

《冗談の通じない連中が返信してくるんだよ…無知な野郎共はくたばっちまえ。□□□》


そして…そのタクシーの女性運転手さんから返信ツィートが。
これが、なかなかユーモアあるんですなぁ〜

《(女性運転手)チャオ、マックス。ヴァレンティーナ・ロッシよ。確かに私のタクシーの中では貴方は『後ろ』にいたけれど、私にとって貴方はいつだって皆の『前』にいる人だから…グラッツェ》

《(ビアッジ)チャオ、ヴァレンティーナ。約束通り写真をツイートしといたよ。まったく笑える奇妙な話ってのはあるもんだね。こうなったのも面白かったからだけどね》


ちなみに、このヴァレンティーナ・ロッシ一家はビアッジ選手の大ファンなんだとか…



さて、話は変わりまして…
当初からの計画通り、遂にコリアーノの町にマルコ・シモンチェッリ選手の記念館ができました。

モトGP『シッチ:ギャラリー&記念碑開幕式』

mediaset-sit-museo.jpg ★あのセパン事故から1年、故マルコ・シモンチェッリの地元コリアーノの町でギャラリーおよび記念碑の開幕式が行われた。

★記念碑は『58 Boys(コリアーノ市民によるグループ)』がシモンチェッリ選手のために製作した白い大理石製の『Sicの表彰台』で、教会の階段近くに設置された。

★コルテ・シアター内に置かれたギャラリー『La storia del Sic(シッチ記念館)』には写真や思い出の品々が展示されている。建物の2階部(劇場上)の3室から成り、ヘルメット15個、レース用スーツ12着等が同選手のキャリア年代順に観覧できるようになっている。また室内にもシッチカラーが施されており、真っ白な壁に赤いラインが入っている。

★父パオロ・シモンチェッリ氏のコメント
「コリアーノ市の青年らや市役所、協力してくださった皆さんらの素晴らしい志によるものです。家族として、とても嬉しく思っています。これが、出来得る最低限のことでしょう…息子は常に全てを捧げていたので…コリアーノの町として為すべきことだと思います。
記念館内部にはマルコの人生が…最初から最後までの全てが詰まってます。皆さんがそれぞれの目で…それぞれの想いでご覧になれます。私の想いですか?それは私の胸の中にしまっておきましょう。
(同ギャラリーは皆さんに)ぜひ観て、確かめていただきたい物です。皆さんが抱かれる印象はそれぞれそれに相応しいものだし、それぞれの想いで見つめ、もしかしたら感銘を受けてくださるものでしょう。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2010年12月08日 Mediaset.it記事より抜粋)


色々と写真がツイートされてたんで、ご紹介しますね。


そしてですね…
イタリアTV中継の際、いつもピットレポートをしているアルベルト・ポルタさんのこの一言が沁みましてね…

《コリアーノにできたシッチ記念館は素晴らしくも痛ましいものだった。2022年に…長いキャリアを経てどっさり成功をおさめてから開館すべきだったんだ!!!!》



では、最後に来年の話も少々…

モトGP『IRTAテスト日程が変更』

motograndprix-irta.jpg


★カタール開幕戦の日程が変更になったことに伴い、IRTA合同テストのうちヘレス・デ・ラ・フロンテラの開催日程が1週間遅くなった。

2013年2月05〜07日:セパン、モトGPテスト
2013年2月12〜14日:ヴァレンシア、モト2/モト3テスト
2013年2月19〜21日:へレス、モト2/モト3テスト
2013年2月26〜28日:セパン、モトGPテスト
2013年3月18〜20日:ヘレス、モト2/モト3テスト
2013年3月22〜24日:へレス、モトGPテスト

★なお、セパン開催の合同テスト2日前にはマニェティ・マレッリ製電子制御ユニット使用のCRT機(イオダ・スッターBMW等)がテストする予定となっている。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2010年12月07日 Motograndprix記事より抜粋)


…と言うわけで、2013年のレース日程はこちらでんな。

4月7日: Losail (カタール)
4月21日: Austin (USA)
5月5日: Jerez (スペイン)
5月19日: Le Mans (フランス)
6月2日: Mugello (イタリア)
6月16日: Barcellona (スペイン)
6月29日: Assen (オランダ)
7月7日: Sachsenring (ドイツ)
7月21日: Laguna Seca (USA)
8月18日: Indianapolis (USA)
8月25日: Brno (チェコ)
9月1日: Silverstone (イギリス)
9月15日: Misano (サン・マリノ)
9月29日: MotorLand Aragon (スペイン)
10月13日: Sepang (マレーシア)
10月20日: Phillip Island (オーストラリア)
10月27日: Motegi (日本)
11月10日: Valencia (スペイン)


ヴァレンティーナ・ロッシ!!クリックPrego
人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top