『カワサキとモトGP参戦もあり』:フォワード・レーシング

Pocket

スズキのモトGP復帰が囁かれる中…
幾度となく、日本人ファンの皆さんの脳裏に浮かんだ緑の影………
ちなみに、イタリアでは『カワサキ』のことを『Verdona(ヴェルドーナ:大きな緑)』とも呼ぶんですよ…
初めて記事の中でこの単語に遭遇した時は、かなり悩みましたねぇ…

モトGP『フォワード:カワサキのモトGP参戦について話し合い中』

gpone-kawasaki-foward.jpg ★チーム・フォワード・レーシングのオーナー、ジョヴァンニ・クーツァリ氏が昨夜、チーム・プレゼンテーションの席で、2014年の展望について語った。
「うちが選手1〜2名をモトGPクラスに参戦させているには、2つの理由がある。1つは世間への露出を増やして開発スピードを上げること…もう1つは来年に備えてのこと。2014年のことを指してるわけですが…つい先程もエスペレータ氏(ドルナCEO)と話し合って来たんですが、ホンダやヤマハのプロジェクトについてでした。この他にも、スズキやカワサキとも既にコンタクトを取っています。

依田一郎氏と話してみたんですが…興味深いですよ。
おそらく、私らが始めようとしてる事は変遷期ってやつになるでしょうね。昨年のCRT機チャレンジがスタートアップで、うちではエドワーズ選手の経験を頼りにプロジェクトに手を付けたわけですが…残念ながら、サプライヤーがエドワーズ選手の指示に応えられなくってね。あのマシンはうちのライダー向きじゃないってことに気づいたんで、シーズン中にサプライヤーを変更した次第です。

モトGPクラスでプロトタイプ機相手に勝とうなんて思っちゃいません。CRT順位を重視してます…そこで抜きん出たいんですよ。モト2クラスは別の話ですよ。単純な期待以上のものがありますね。」

★カワサキは2008年にモトGPより公式撤退。チーム・フォワードは2009年までは『ハヤテ』と名乗り、依田氏がチーム代表を務め、マルコ・メランドリがカワサキZX-RR機を駆って参戦。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年03月05日 Gpone記事より抜粋)



そう言えば、イタリア人との会話の中で『依田一郎』さんの話が出てきた時も…悩みましたねぇ。「ヨーダ」ってだけ連呼するんですよ…
「昔、ヤマハでマシンを作ってたヨーダ」とか…
「フルサワの前に働いてたヨーダ」って……
もう、瞬時にあらゆる妄想が駆け巡りましたねぇ。
青いポロシャツ着て、ピットでモニターを見上げてるヨーダとかねぇ……

yoda.jpg

大きな緑クリックPrego

人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top