マッシモ・タンブリーニ逝去:ビモータ創立、Mito 125・Ducati 916・Mv F4・Brutale製作

Pocket


『マッシモ・タンブリーニ逝去』

motosprint-tamburini.jpg


★2輪業界で大変著名なメカニック兼デザイナーのマッシモ・タンブリーニ氏が今日、長い闘病の末に亡くなった。

★1943年11月28日リミニ生まれ。CRC(カジヴァ・リサーチセンター)の創設者であり代表。レース用/市販用の名機を多く手がけ、なかでもドゥカティ916やMVF4等が有名。

★ビモータでキャリアを開始、手がけたマシンの中でもKB1機(1978〜1982年)やSB2 750K機などが有名。カジヴァ移籍後はC9 freccia 125機など小排気量マシンに専心した。

★1986年にDucati Paso 750機を製作。1989年に製作されたCagiva Mito 125機に至っては、今日も大きな変更は加えられていないが今なお美しい。この他、Ducati 916、MV Agusta F4、Brutale等を手がけた。

★タンブリーニ氏の略歴

1973〜1980年
『ビモータ・メッカニカS.N.C』の創設者メンバー。技術部門(企画、製作、テスト、工業製品化)を担当。

1980〜1983年
株主として『ビモータS.p.A』を創立。テクニカル・ディレクターとして同社の技術部門全てを担った。

1983〜1984年
『チーム・ガッリーナ』のプランナーとして(企画、プロトタイプ製作)、テクニカル・ディレクターを務める。

1985年〜現在
カジヴァ・グループより『C.O.R.(リミニ・オペレーションセンター)』のテクニカル・ディレクターに就任。

1990年
カジヴァ・グループのスタイルセンター・ディレクターに就任。

1993年
『CRC(カジヴァ・リサーチセンター)』のディレクターに就任。

1997年
『CRC(カジヴァ・リサーチセンター)』の代表取締役に任命される。
(Source:2014年04月06日 Motosprint記事より抜粋)


イタリアのジャーナリストの皆さんも、ツイッターで訃報を悼んでおりました。

《誰もこんなデザインできやしない。有難う、マッシモ・タンブリーニ。美しさとは何かを教えてくれた。》



マッシモ・タンブリーニ氏のご家族、ご友人の皆様方に心よりお悔やみ申し上げます。

人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top