2017 セパンテスト【モトGP:2日目リザルト&トピックス】

Pocket

『2017 セパンテスト:2日目リザルト&トピックス』

andrea-iannone_sepang.jpg


★1月31日、セパンテスト2日目。昨夜の雨により午前中もウィット路面のままで、ボックス待機(※新アスファルトの水はけが悪い)。午後から徐々に乾き始め、午後2時頃よりベストコンディションとは言えないが各選手、本格的な作業に取りかかった。

★ちなみに、飛行場付近のアスファルトに水はけ改善措置を施したところ上手くいったため、同サーキット内の深刻な箇所にも同じ措置を加えようと言う案が出ている。同案が失敗した場合は、アスファルト再敷設となる模様。

★首位アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー、1:59.452)。昨日のストーナー首位タイムより0.2秒速い。同タイムは柔らかめタイヤで記録。

チームメイトのアレックス・リンスは13位(+1.424)。

★2位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー、+0.406)。終了10分前にロッシ選手に抜かれると、すぐにコースに戻り、自己タイムを2度も上げてみせた。

チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは4位(+0.802)。カウル内蔵ウィング付きのマシンを初使用(※昨日、ナカスガ&ノザネテストライダーが試していた)。昨日より自己タイムを0.4秒縮めた。

★3位アルヴァロ・バウティスタ(ドゥカティ・アスパー、+0.406)。本日のサプライズ。ペースも良好。

チームメイトのカレル・アブラハムは16位(+1.529)。

★5位ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3、+0.891、ルーキー)。本日のサプライズ。

チームメイトのジョナス・フォルガーは9位(+1.043、ルーキー)昨日も7位と好調。

★6位エクトル・バルベラ(ドゥカティ・アヴィンティア、+0.900)。ドゥカティファクトリー組を凌いだ。

チームメイトのローリス・バズは18位(+1.775)。転倒、特にケガなし。

★7位アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティファクトリー、+0.989)。大量の新パーツを試していた。

チームメイトのホルヘ・ロレンソは8位(+1.032)。本日の最多周回選手(66周回)。65周回目に自己最速タイムを記録し、昨日より1秒近く削った。午前中、レインタイヤでの走行テストをしていた。

★なお、昨日首位だったケーシー・ストーナーは本日は走行せず。明日の最終日に再度走行する模様。

★10位マルク・マルケス(ホンダファクトリー、+1.079、昨年のチャンピオン)。マシン故障により第12コーナーでしばらく停止。

チームメイトのダニ・ペドロサは14位(+1.434)。昨日、手間取っていた問題点が解決した模様。
両選手とも常に新エンジン(※等間隔爆発)を使用。

★11位アレイシ・エスパルガロ(アプリリアファクトリー、+1.157)。転倒。昨日より前進。

チームメイトのサム・ロウズは22位(+2.606)。

★12位カル・クラッチロー(ホンダLCR、+1.239)。

★15位スコット・レディング(ドゥカティ・プラマック、+1.520、GP16機)。

チームメイトのダニーロ・ペトルッチは17位(+1.672、GP17機)。第8コーナーでスリップ転倒、ケガなし。

★20位ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー、+2.073)。

チームメイトのブラッドリー・スミスは25位(+3.064)。

★午後5時、ティト・ラバトが第7コーナーで転倒し、レッドフラッグ提示。ラバと選手は精密検査のためプトラジャヤの病院へ搬送された。数日中に手術となる模様。

2017_MotoGP_Test__Sepang_classification_2.jpg


(2017年01月31日『Gpone』記事参照)
(2017年01月31日『Gpone』記事参照)
(2017年01月31日『Gpone』記事参照)
(2017年01月31日『Moto.it』記事参照)
(2017年01月31日『Motorsport.com』記事参照)


色ボケはしていないクリックPrego > 人気ブログランキングへ

Ad & Relation Links

, , , ,

No comments yet.

コメントを残す

スパム防止のため簡単な計算に答えて下さい。 Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

 

Top