ロッシ『順位は悪いが、手応えは良い』2017ル・マンGP

Pocket

『ロッシ:順位は悪いが、手応えは良い』

rossi-ven (3).jpg


★5月19日(金)ル・マンGP、ヴァレンティーノ・ロッシがFP総合8位で終えた。なお、午前FP1は8位、午後FP2は10位だった。

★トラックコンディションにより、スリックタイヤを試せたのはFP1セッション終盤だけだった。

★ロッシ選手のコメント。

「最終的な順位を別にすれば、今日はマシンの感じが良かったですよ。もちろん、このコンディションだから今日は難しい一日になってしまったけど、ヘレスで苦戦した後なんで、うちは自信を取り戻す方が重要だろうから。」

【ウェットコンディションに甘んじなければならなかった…】
「特に午後はずっと戦闘力がけっこう高かったんで、もっと何とかなったんだろうけど。でも、新しいタイヤを履いたのが遅すぎたんですよね。熱を入れるのに2周以上は走る必要があっただろうし。とにかく、ヘレスよりは良い出来ですよ。」

【天気予報では明日も不順、日曜日は回復の兆しってところだが…レースは運まかせ?】
「ウェットで走ってると、ドライに関しても何が必要なのか分かってくるもんだけど、ただ、今回はまた別の話って感じですね。運まかせってことはないが、多少の運は必要でしょうね。」

【2016年版タイヤに続き、今度はウィングの復活要請も出てくるのでは?ドヴィツィオーゾ選手がムジェッロテスト後、メインストレート終盤の隆起ではウィングなしだとマシンコントロールが難しいと言っていたが…】
「ウィングなしだと危険になるとは僕は思ってません。何年もウィングなしで走ってきたんだから。むしろ、去年は僕もホルヘ(ロレンソ)もウィングを使った時にエンジンが故障してるんですよ。(ムジェッロのメインストレート終盤の隆起)ではリアを持ち上げなければならないもんだから。アンチウィリーコントロールも付いてるわけだし…まぁ、あの隆起を平らにするとかねぇ。それほど危機的な状況だとは思いませんけどね。」

(2017年05月19日『Gpone』記事参照)


やっぱり、てるてる坊主…

用意クリックPrego

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top