2016年版フロントタイヤ、ムジェッロGPから復活:2017ル・マンGP

Pocket

『ムジェッロGPから、旧フロントタイヤ』

goubert-taramasso.jpg


★5月19日(金)午後、セーフティコミッションがムジェッロGPより使用するフロントタイヤを、2017年版(06番、カーカス柔らかめ)と2016年版(70番、カーカス固め)のどちらにするかを話し合った結果、2016年版に決まった。

★ムジェッロGPよりヴァレンシア最終戦まで、全選手、2016年版フロントタイヤを(70番、カーカス固め)使用しなければならない。

★今のところ公式声明文は出されておらず、今後も出る予定はない模様。また、メディア向けの会見も予定されていない。

★ドルナの公式サイトでは、声明文の代わりに映像ニュースとして配信された。なお、同映像の閲覧は有料である。
追記:奇妙なことに、当記事掲載後、ドルナは同映像を無料にした。

★同映像ニュースの概要。

・ローリス・カピロッシ元選手(レースディレクションメンバー)のコメント。
「選手23名による投票の結果、20名が2016年版フロントタイヤを選んだので、多数決に従いました。」

・ニコラス・グベール氏(ミシュラン・テクニカルディレクター)のコメント。
「ドルナの意向により、ヘレステストで全選手が70番タイヤを試し、過半数の選手が『バンクの際、安定感が高く、あまり動かない』とコメントしました。
違いは些少なもので、2016年にタイヤのプロフィールを変更した時とは異なり、単純に進化程度のものと言えるでしょう。」

(2017年05月19日『Gpone』記事参照)


アルゼンチンGPの時からすったもんだが起きていた2016年版フロントタイヤ、遂に復帰が決まりました!
ミシュランはタイヤ開発のどの点で苦労しているのか?
ヘレスでのヤマハ突然の不調を絡めつつ、現在の状況をまとめておきました。
詳しくは、こちらのメルマガでどうぞ!
『note』なら『Vol. 141』だけを、1回分100円(外税)で読めます。プリペイドカードも利用可能。

【2017ヘレスGPまとめ その2 ヤマハ&ヘレステスト、ミシュラン】[2017年05月17日 発行 Vol. 141

●ミシュラン開発中、フロントタイヤのデリケートな問題とは?
・柔らかめ、固めの問題?
・ヴィニャーレス「ミシュランを悪くいうと警告メールが来る」
・ヴィニャーレスはタイヤが原因、でもロッシは…
・ミシュラン開発中:最適カーカス見つからず
・フロントタイヤが抱えるデリケートな問題

●ヘレステスト:噂の2016年版タイヤの行方は?
・噂の2016年版フロントタイヤ、ムジェッロで投入か!?
・ヘレステスト概要
・ホンダ:期待の新マフラー

無料で読みたい人は『まぐまぐ』を登録して、5月31日までに解約しちゃって。

吉と出るか、凶と出るか…

塞翁が馬クリックPrego

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top