ロッシ、6月2日サーキット医師が最終決定:2017ムジェッロGP

Pocket

『ロッシ、ムジェッロ熱望、参戦可能かどうかは現地で』

cover-vale-1-630x415.jpg


★5月25日(木)、ヴァレンティーノ・ロッシ(38才)がモトクロスのトレーニング中に転倒。胸部および腹部に軽度の外傷を負い、入院した。

★ロッシ選手は転倒の際、ハンドルに胸を強く打ちつけた。

★26日(金)午後5時30分、ロッシ選手は退院し、タヴッリャに帰宅した。

★29日(月)、ロッシ選手はムジェッロGP参戦が可能かどうか医師の検査を受けた。しかし、最終判断はムジェッロ・サーキットの医師が下すこととなる。
なお、トレーニングは用心しながら再開している。

★ロッシ選手は回復に向かっているが、レース参戦に向け完治するには時間が足りない状態である。おそらく、痛みは残るものと思われ、金曜日のFP1で確認するしかない。また、FP2終了後、再度、医師の検査を受ける可能性もある。

★今回の負傷はムジェッロGP直前だったことに加え、その次のバルセロナGPがすぐ1週間後に開催されることを思えば、時期的には二重の意味でツイてなかったと言える。

(2017年05月30日『Corsa di moto』記事参照)
(2017年05月30日『Gpone』記事参照)


マルケス選手までもが「ロッシが勝つと思っていた」ル・マン戦のロッシvsヴィニャーレス初対決。
ヤマハのリン・ジャーヴィス氏も「500勝目はロッシの方が…」って思ってたそうで…
とにかく、ロッシご本人は悔しがりながらも「今年一番のレース」と喜んでおりました。
詳しくは、こちらのメルマガでどうぞ!
『note』なら『Vol. 142』だけを、1回分100円(外税)で読めます。プリペイドカードも利用可能。

【2017 ル・マンGPまとめ その1 ヤマハ】[2017年05月27日 発行 Vol. 142

●ロッシ今季1番の出来、ヴィニャーレスと競り合えることを証明
・今シーズン1番のレースだった
・ロッシ転倒の真の原因は?
・ヴィニャーレスと張り合えることを証明した

●ヴィニャーレス:最終ラップでロッシを敗った稀少ライダーとなる
・マルケス「ロッシが勝つと思っていた…」
・ル・マンは良い思い出が多い
・ロッシのミスを解説
・チームの作戦勝ち
・ヤマハ:500勝目はロッシの方が良かった?
・タイヤに不満なんてない

無料で読みたい人は『まぐまぐ』を登録して、5月31日以内に解約しちゃって。

決戦は金曜日

大丈夫!クリックPrego

Ad & Relation Links

, , , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top