ジャック・ミラー、ドゥカティ・プラマック移籍

Pocket

『ミラー公表:2018年はドゥカティ・プラマック』

miller-viso (1).jpg


★8月10日(木)、『Octo Pramac Racing』チームより2018年シーズンに向け、ジャック・ミラーとの契約が成立したことが公表された。

★ミラー選手はドゥカティとの直接契約となり、マシンはGP17機を使用する予定。なお、チームメイトはダニーロ・ペトルッチである。

★ミラー選手は1995年1月18日、クィーンズランドのタウンズビル出身。
2011年世界選手権125ccクラスにデビューし、2014年にモト3総合2位となり、2015年にモトGPクラスに飛び級昇格した。
2016年アッセン戦ではモトGPクラス初優勝を遂げている。

★ミラー選手はスコット・レディング後任として同チームに移籍する。
レディング選手は来季シートに関し、最近、「SBKには興味ない」と発言していた。同選手のマネージャーであるミハエル・バルトレミー氏はアプリリアのサム・ロウズ後任のポストなどを検討している。

(2017年08月10日『Gpone』記事参照)


『note』のモトGP枕話、無料で閲覧できます!
今回は、2018年モトGPシートの話。
意外な選手がモトGP昇格を狙ってたりとかね。

ドゥカティ機が性に合うと良いですね♡

おめでたいいね!Prego

Ad & Relation Links

, ,

2 Responses to ジャック・ミラー、ドゥカティ・プラマック移籍

  1. 通りすがり 2017年8月11日 at 8:40 AM #

    クラッチローもツイートしてたけど、間違いなく速いと思う

  2. TKM 2017年8月11日 at 12:35 PM #

    デスモセディチも戦闘力が上がってきてるし、来季はもっとリザルトが向上するといいね。

コメントを残す

 

Top