ヴィニャーレス『ロッシの指標がなくて残念』2017ミザノGP

Pocket

『ヴィニャーレス:ロッシの指標がなくて残念』

vinales-ven (1).jpg


★9月8日(金)ミザノ戦、マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)が午前FP1で8位を、午後FP2は転倒しながらも2位を獲得した。

★今回はチームメイトのヴァレンティーノ・ロッシが骨折欠場のため、ヤマハファクトリーから1人で参戦している。

★ヴィニャーレス選手のコメント。

【ロッシ不在だが、ボックスの様子は?】
「チームメイトの存在は常に大切なものなんです。一番の指標になりますからね。ヴァレと比較することで、本当にマシンを限界まで走らせているかどうかが分かるんですよ。それに彼のデータも見れるわけだから、それで自分の改善点も見えてくるんです。
そう言うことを別にすれば、作業の流れはいつもと同じですけどね。常に自分自身に集中して行きますよ。」

【ミザノテストで試し、シルヴァーストンでも使用した改良版フレームを使っていると…】
「新フレームは僕のライディングスタイルに最適ですね。マシンは以前より楽になりました。コーナー進入が良い感じになったし、フロントタイヤに絶大なる信頼感があるんです。以前よりリラックスして操縦できるし、コンスタントになりましたね。」

【そのうえ、リアタイヤの持久面も一部解決できたとか…】
「シルヴァーストン戦の時に既に分かってたんですよ。あそこでは終盤まで強い走りができていたでしょ。今回も同じ手応えなんで嬉しいです。つまり、状況を大方コントロールできているわけですから。」

【ライバルは誰?】
「マルケスが強い走りをしていたし、今日はペースの方に集中して別の作業をしていたようだし。皆、僅差で接近しているから、のんびりはしていられませんよ。」

【ドゥカティ勢もいるし…】
「驚きませんよ。いまやどこのサーキットでも強いから。」

【やる気満々で…】
「勝ちたいと…成し遂げたいと思っている人間のメンタリティで行かなければ。そのためには予選もかなり重要になってくるでしょう。第一目標はファーストロー獲得です。最低でもグリッド4位ですね。」

(2017年09月08日『Gpone』記事参照)


シルヴァーストン戦では、あえてロッシ選手を先に行かせていたヴィニャーレス選手…
「奇妙な話だけど、ソフトタイヤだと終盤に強いんです」って。
詳しくはこちらでどうぞ。

【2017 シルヴァーストンGPまとめ ヤマハ&ホンダ】[2017年09月06日 発行 Vol. 156

●ヤマハ復活:ヴィニャーレス「タイヤ的中」、ロッシ作戦ミス?
・ヴィニャーレス唯一ソフト選択「確信はあった」
・ヴィニャーレス「ソフトタイヤの強味は終盤だ!」
・ヴィニャーレス「パワーアップした!」
・ロッシ「良いレースだった。面白かった」
・ロッシ、逃げ切り走法は作戦ミス?
・マシン開発のイニシアチブはどっち?
・ロッシはミザノでドヴィとの戦いを楽しみにしていた…
・ロッシ代役は…?
・ロッシ心の友ウッチョが明かす、引退後は?

Vol.156』だけ読みたい人は、『note』で100円(外税)購読がオススメ。プリペイドカードも利用可能。

9月分ぜんぶを、オトクな料金で読みたい人は『まぐまぐ』が300円(外税)!

9月分ぜんぶ無料で読みたい人は『まぐまぐ』を登録して…内緒でこっそり9月30日までに解約しちゃって。

一人でも寂しくなぃぃね!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top