ロッシ『気狂いオーバーテイク?僕の方がバカだから』2017フィリップアイランド

Pocket

『ロッシ:気狂いオーバーテイク?僕の方がバカだから』

rossi-zarco (1).jpg


★10月22日(日)、フィリップアイランドGP決勝戦でヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー、38才)が2位を獲得した。

★ロッシ選手のコメント。

【38才にして、あの乱闘の渦中に入り…】
「現在、こう言うのを競り合いって言うなら、僕は他の選手よりもバカになれるから(大笑)。」

【どんなレースだった?】
「早く映像を見直して、たっぷり楽しみたいですよ。おそらく、ヨーロッパの方では見逃さないように早起きしたのは良いけれど、その後、寝られなくなっちゃったかもね(笑)。
やられはしたけど、こっちからもやってやりました。ここ最近、モト2から上がってきた若手らのせいで、アグレッシブレベルがかなり上がってるから。ただ、これが勝負だって言うなら、僕はいつでも受けてたちますよ。」

【もっとも危うかった瞬間は?】
「ザルコやヴィニャーレスと一緒に第1コーナーに突っ込んで行った時ですね。もう十字を切って祈らなきゃって感じでした(笑)。
ムカついたって何も変わらないから。受けて立つか、家で観てるかの2つに1つですよ。僕はザルコとイアンノーネの2人と戦ったけど、最悪ケースの1つって感じでね。2015年(のフィリップアイランド戦で)イアンノーネにやられてしまったのを思い出しましたよ。今シーズン1番のレースだったんじゃないんですか。とにかく面白かった。」

【優勝できると思った?】
「思いましたよ。セクター2ヶ所でマルケスに0.3秒追いついてたし、付いては行けてたでしょう。ただ、正直なところ、抜けたかどうかは分かりません。(マルケスは)僕より若干速かったから。然るべき位置に来た途端、イアンノーネがコーナーで気狂いみたいに突っ込んで来て、(マルケスに)しっかり引き離されてしまったんです。
今回はリアタイヤの選択が僕には合ってましたね。このリザルトは僕にとって重要です。ずっと苦戦してきて、骨折もして、その後に掴んだリザルトですからね。チームにとっても、ヤマハにとっても重要でしょ。」

(2017年10月22日『Gpone』記事参照)


中須賀、青山、野左根選手のイタリア誌による成績・評価とか、イアンノーネ選手のキス話とかは、『note』無料閲覧!!

驚異の男38才ぃぃね!

Ad & Relation Links

, , , ,

7 Responses to ロッシ『気狂いオーバーテイク?僕の方がバカだから』2017フィリップアイランド

  1. SL 2017年10月22日 at 11:55 PM #

    チャンピオン争いから脱落してなかったらまた違ったコメントになったんじゃないかな…

  2. ふひひ♪ 2017年10月23日 at 1:49 PM #

    楽しんでるねwww

  3. gilansax 2017年10月23日 at 3:10 PM #

    ポイントリーダのマルケスが一番アグレッシブ、一番アグレッシブな選手がポイントリーダーであり、これが今のMoto GP。ちょっとぶつかりそうになったり、たまたま進路に誰かが走っていただけで、危険だのなんだのと騒いでた一昔前とは真逆になったと感じる。

    こうなると、強いコンセントレーションで最速ラインを走り逃げ切るタイプのホルへのような選手には少々難しい時代と言えるかもしれない。
    幾度となくマルケスとのコンタクトを恐れずに戦った経験のあるMoto2選手、そしてロッシにはそれこそ望むところか。ファンにとっては痺れまくる、忘れられない興奮のレースでした。

  4. mac 2017年10月23日 at 3:47 PM #

    バトルを楽しむヴァレが帰ってきた!!!
    ヴァレはこうでなければ!

  5. ブル 2017年10月23日 at 4:22 PM #

    スズキも調子が上がってきて、最後まで複数台でどうなるかわからないバトルの連続!
    楽しいレースでしたね!!

    2位争いでもたつかなければロッシとマルケスのファイナルラップの争いもありえたのかな~?

    次戦もいいレースを期待したいですね!

  6. 半世紀 2017年10月24日 at 5:51 PM #

    マルケスの昇格に始まってザルコの参入でアグレッシブ化があがっていることはぺルナットのコメントやロッシが感じている状況から明確なようですね!
    先行できていなくても単純にインに入ったものが優先という低レベルな順位争いがこのクラスにももちこまれてしまうのでしょうか?
    最高峰クラスは見苦しい順位争いではなく、スターティングフラッグからチェッカーフラッグ迄の最速を競い合う姿を見たいと思う私自身が既に遺物なのでしょうか?

  7. taro 2017年10月24日 at 10:30 PM #

    こんな素晴らしいバトルを素直に心から楽しむあなたは最高ですよ!
    場外戦はかっこ悪いからね。

コメントを残す

 

Top