岩田凌吾&川崎祥吾、ロベルト・ロカテッリのもとでイタリア選手権へ

Pocket

『2018年CIV:MotoZoo Racing、ロベルト・ロカテッリ起用』

1706875-36135910-1600-900-630x415.jpg


★『MotoZoo Racing』チームが2018年、スポーツディレクターにロベルト・ロカテッリ(上記画像、ベルガモ出身、2000年125ccクラス総合優勝)を起用し、イタリア選手権(CIV)に挑む。

★ロカテッリ元選手は選手らのコーチ役も担う予定。

★ロカテッリ元選手は2016年より、イタリア衛星放送『SKY』でモト2/モト3クラスのテクニカル解説を担当している。

★『MotoZoo Racing』チームは2017年、『Yamaha R1 Cup』にファビオ・マッセイを参戦させ、2位を獲得。
2018年はイタリア選手権(CIV)のスーパースポーツ300クラスに『Yamaha YZF-R3』機で参戦する。
なお、ライダーは日本人のリョウゴ・イワタとショウゴ・カワサキ(下記画像)。『Junior ITALTRANS Racing Team』チームから昨年、カワサキ選手はつくばロードレース選手権に、イワタ選手は鈴鹿サンデーロードレースに参戦していた。

21054959_1484719604926860_5487251387734519222_o-1-709x478.jpg


(2018年01月02日『Corse di moto』記事参照)


ヴィニャーレス選手が元カノ相手に裁判を起こすかもって話は、無料閲覧『note』!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top