シュワンツ、スズキに勧告『別のライダーを探せ』

Pocket

『シュワンツ、イアンノーネを斬る:スズキよ、別のライダーを探せ』』

cover-schwantz-630x415.jpeg


★スズキの伝説ライダーことケヴィン・シュワンツは昨年、アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー)に向け、失望感を表明していた。なお、イアンノーネ選手はそれに対し、飄々と反論していた。
(note関連記事:2017 ザクセンリンクGPまとめ ホンダ&スズキ[ 2017年7月7日 発行 Vol. 148 ])

★昨シーズンが終わり、2018年シーズンが始まろうとしている現在、シュワンツ元選手が次のようにコメントした。

「ヤマハは上手い具合にシーズンを始めたものの、大きな問題に見舞われてしまったね。ホンダは最初はイマイチだったが、その後、強かったですよ。
スズキは本来ならば他のチームが苦戦してる時に準備万端になってなければならないのに、実際はそうはいかなかった。
いまいちな結果だったが、それが100%ダヴィデ・ブリヴィオ(チームマネジャー)の責任だとは思いませんね。もちろん、彼がチームを仕切ってるんだから、それなりに責任はありますよ。しかし、当初から苦戦し、シーズンのほとんどでずっと後退気味だったんだからねぇ。
私が思うに、イアンノーネが100%全力を尽くしてなかったね。リンスは速攻で負傷し、復帰してからも速さを出していくには時間が必要だったわけだ。それでも、ラスト2〜3戦ではイアンノーネにプレッシャーを与えてましたよ。両選手とも、いくつか順位を上げてたじゃないですか。
(去年の)ザクセンリンク戦の際に私の意見は言ってあるが、昨シーズンを通して、イアンノーネが全力を出していたとは思えません。まったくもって気に入らないね!」

【2019年に向け、スズキはどうすべき?】
「チームのNo.1ライダーって言うもんは、常に100%全力で行くもんでしょう。チームはNo.1ライダーのフィードバックに基いて進めていくもんなんだから。100%で走らなければ、マシン改善に必要な情報なんて出せないだろうが。
モトGPに参戦しているマシンの95%が操縦するには素晴らしいものなんですよ。残り5%が、ビッグマシンとトップ10外のマシンの違いになるんであってね。
(イアンノーネは)ドゥカティでレース優勝してるのだから、その経験を駆使して、まさに彼がチームを引っ張って行くべきなんですよ。特に、初シーズンではね。
おそらく2018年はリンスの方がプラスアルファのインプットをしてくれるんじゃないんですか。経験も積んできてるわけだし。去年は、常にイアンノーネの影に隠れていたけどね。
とにかく来年もイアンノーネとリンスで行くわけだが、2019年に向けてスズキは絶対に別のライダーを探すべきだと思いますよ。」

【去年、イアンノーネ選手は本当に全力を出していなかったの?】
「例えば、バルセロナ戦ではリンス代役のギュントーリに抜かれた途端、急に0.5秒速くなったでしょ。それで、ギュントーリを抜き返し、引き離した後、また減速してたんですよ。こう言うパフォーマンスが気に入らないって言うんですよ。とにかく、いつだって100%全力で行かなきゃ。
来年はリンスの成長が待ち遠しいですよ。イアンノーネって言うのはね、チームメイトが追い上げてくると別人のようになるライダーだから。来シーズンは最初から、またドゥカティ時代の勇姿を見たいもんですよ。
ただ、ドゥカティスタッフらの話によれば、イアンノーネには進むべき方向性なんてなかったそうだけどね。よく『ドヴィツィオーゾと同じマシンにしてくれ』って言ってたって。
唯一、イアンノーネが力を入れていかなければならないのは、職業倫理ってやつでしょうね。もっと努力していく姿勢でいなければ。ポーカーをやってるわけじゃない…これは大変な仕事なんだから。100%努力して、訓練して、来季までに仕上がっているよう出来ることは全てやらないと。FP/予選/レースの全てで100%の全力投球していかないと。いや、100%以上ですよ。イアンノーネは去年、そう言うところは見せてないでしょ。」

bike-kevin-schwantz-india-visit-2015-kevin-schwantz.jpg


(2018年01月04日『Corse di moto』記事参照)
(2018年01月04日『Motorsport.com』記事参照)


イアンノーネ復縁とか、ロレンソ選手がグリッドで聴いてる音楽とかは、無料閲覧『note』!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, , , ,

4 Responses to シュワンツ、スズキに勧告『別のライダーを探せ』

  1. 87 garage 2018年1月6日 at 8:44 AM #

    イアンノーネて きっとフィーリングだけに頼るライダーなんだと思った。

    あと 彼の中でのルールが「チームメートには負けない」なんだろうと…

    多分 メカニックは彼のリクエストを聞いて「バイクの事わかってる?」て感じていたんだろうな…
    本文中の「ドビと同じマシン」てとこに表されてる。

    後付けで いいから理論を持ち バイクに対する考え方を表現できないと短命に終わってしまいそう…
    才能があり、面白いライダーだけに御大ケビンも警鐘を鳴らしてるんだと思うな…

    今年は どんなレースしてくれるかな。
    スズキが一歩でも前に進める事で GPがもっと混沌としてくれると面白くなるはず!

    頑張って! イアンノーネ。

  2. SEI 2018年1月7日 at 4:49 PM #

    シュワンツよっぽど嫌いなんだなw

  3. アンバサダー 2018年1月7日 at 9:11 PM #

    クリエイティブな作業が要求されるのが、トップライダーであり、エースであり、
    乗る能力が優れているだけでは、ワークスのエースではない。
    というのが、シュワンツの言いたいことなんだと自分は理解しています。
    しかも、100%の操縦と95%の操縦では、マシンの挙動が違う事も言いたいんだと思います。

  4. あくらぽゔぃっち 2018年1月11日 at 6:20 AM #

    SUZUKIはシュワンツにチームを任せれば良いだろうに
    その方がしっくりくる

コメントを残す

 

Top