モルビデッリ『モトGP機に自信が出てきた』2018セパンテスト

Pocket

『モルビデッリ:セパンテストでモトGP機に自信が出てきた』

morbidelli-sepang-day112.jpg


★フランコ・モルビデッリ(ホンダ・マークVDS、ルーキー)がセパンテスト3日目(最終日)を17位で終えた。なお、3日間総合では20位だった。

★モルビデッリ選手のコメント。

【テスト最終日はブラッドリー・スミス選手の後ろで20位だったが…】
「いちばん大切なのはマシンへの信頼感が増し、それと共にモトGP機を理解できるようになったことです。どんな風に動くのかとか、何を学んで行けば良いのかとか。」

【テスト最終日の序盤、ちょっと苦戦していた…】
「今朝、指にちょっと問題があったもんですから。操縦しづらくって、もしかして折れてしまったのかと思いました。さいわい、大丈夫だったんですけどね。結局のところは、ささいな転倒だったってことで。」

【最終日は具体的にどんな感じだった?】
「ミディアムタイヤの作業をし、結果には満足してます。午後はタイムアタックもしてみました。ただ、トラックコンディションが昨日より落ちていたので…まぁ、ツイてなかったってことですね。」

【全体的にはポジティブだった…】
「今回が初セパンテストでしたからね。チームと一緒に進められた作業には満足してます。次のブリーラムテストが興味津々なんですよ。トラックを試してみて、このマシンでどれだけ成長できるものか、さらに一歩前進していかないと。」

(2018年01月30日『Gpone』記事参照)


モルビデッリ選手が2017年ライバルだったルーティ&アレックス・マルケス選手について語っている話は、無料閲覧『note』!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top