ハフィス・シャーリン:モト2後任はカイルディン、モトGP昇格も決定か?

Pocket

『カイルディンが2018年SIC Racingでモト2参戦、シャーリンはモトGPデビューか?』

02070_r2_ambience-630x415.jpg


★ズルファミ・カイルディンが2018年、『SIC Racing Team』よりモト2クラスに参戦することが公表された。

★当初の発表では『SIC Racing Team』からはハフィス・シャーリンのみがモト2参戦することになっていたので、いよいよ同選手のヤマハテック3入りとモトGP昇格の噂が加熱してきている。

★カイルディン選手は2月6〜8日、ヴァレンシアで行われるモト2公式テストに参加する。

★カイルディン選手は2009年125ccクラスにワイルドカード参戦。
翌2010年より2015年まで同クラスに参戦し(※2012年以降はモト3クラス)、2012年には2回表彰台に上がっている(※セパン2位、ヴァレンシア3位)。
2016〜2017年はスーパースポーツ世界選手権に参戦し、表彰台を1回獲得している(セパン2位)。

★ヨハン・スティゲルト氏(チームマネージャー)のコメント。

「うちとしてはちょっと驚いてまして…ハフィス(シャーリン)でやって行こうって思ってたわけですから。ただ、あらゆることに対応できるようにはしてますからね。
ここ半年間、同プロジェクトに向けて準備し、万事うまく処理できるよう努力してきました。ファミ(カイルディンの愛称)は最高のサポートとベストマシンが得られるでしょう。もちろん、厳しいですけどね。多くの側面から成る選手権なのだし、かなりの努力を要しますから。ただ、本人は自信に満ちているし、チャレンジしていく覚悟はできてますよ。」

★カイルディン選手のコメント。

「僕にとってはビッグチャンスです。『SIC Racing Team』には感謝してます。特に、Dato’ Razlan Razali氏(セパンサーキットCEO)からの変わらぬサポート、そして、信頼には感謝してます。
世界選手権のパドックに戻れて、嬉しいです。ヴァレンシアテストでの目標は、マシンへの信頼感を高めていくことです。スーパースポーツからモト2への移籍は、それほど難しいこととは思っていません。ただ、競争は激しくなるし、周回数も多いんですよね。マレーシアでのテストの前に、ヴァレンシアテストで有効な情報を多く収集できればと思ってます。」

(2018年02月03日『Corse di moto』記事参照)


モルビデッリ選手が2017年ライバルだったルーティ&アレックス・マルケス選手について語っている話は、無料閲覧『note』!!

いいねPrego!

Ad & Relation Links

, ,

No comments yet.

コメントを残す

 

Top