MotoGP

ペドロサ自分インタビュー『引退後の計画は?』

『ペドロサ自分インタビュー:引退後の計画は?いくつか案はあるが…』

dani-inta.jpg


★先ごろ、引退宣言をしたダニ・ペドロサ(ホンダファクトリー)が、『自分インタビュー(下映像)』を決行した。

★ペドロサ選手のコメント。

【今まで、インタビューで言わないできたことはある?】
「多分、レースで走っている時やマシンに乗っている時に抱く恐怖については話したことがなかったんじゃないかな。誰かに話すようなことじゃないから。自分自身から自分自身を守るためなんですよ。」

【これまで、どのぐらいインタビューを受けてきた?】
「どのぐらいでしょうね。まぁ、もう日常的なものですからね。とにかく、何回も受けてきました。皆さん、だいたい同じようなことを知りたがっているようなんで。」

【以前よりインタビューでは緊張しなくなっているようだが…年のせい?】
「経験と、それから、やっぱり、年のせいだと思います。ちょっと落ち着かないような状況でも上手くコントロールしていけるようになるものだし、ディフェンスのための手立ても増えてくるものでしょ。」

【通常、ジャーナリストがしないような質問で、自分に訊いてみたいことはある?】
「例えば、スポーツと関係ないこととかでしょうかねぇ。どうやって恐怖を克服するか?とか。
もちろん、似たようなことを訊かれたことはあります。オートバイに乗ってる時は怖い?とかね。でも、実際に怖いと感じた時にどうするかは訊かれたことがないですね。」

【世界選手権デビューしてくる若手ライダーについて、どう思う?】
「このスポーツもどんどん変わってきてるから。2ストロークエンジンの頃はライダーの実力も推し量りやすかったんですよ。現在の4ストロークだと、本当に良いライダーかどうか分かりづらくなってますね。
今は、皆、多くのイベントに参加しなければならなくなってるじゃないですか。ファンの皆さんと過ごしたり、ネットに色々と掲載したり。今はそう言う感じなんです。以前、そう言うのはレースの後にするような欄外の仕事だったんです。以前はレースで走るってことが唯一だったから。」

【レーサーになりたての頃と比べ、もう今は失ってしまったものとかある?】
「色々なことに対し、もっと無邪気に天真爛漫になれたら良いんですけどねぇ。常にそう言うことと戦ってるものでしょ。
自分自身をリニューアルして、上手く行かなかったことや難しいって分かっていることを忘れるようにしていかなければならないものだし…難しいって分かってると、何も知らない時より大変になってしまうことってあるじゃないですか。
そんな風にありたいと思ってるんですよ。そう言う風に続けて行きたいって。常に重要なことですからね。」

【自身のデビューシーズンについて、事前に知っておきたかったこととかある?】
「いつだって、その時限りで、繰り返すことなんてできませんからね。その時の自分のベストな状態を絞り出すようにして、次は上手くやれるなんて考えてはいけないんですよ。今、もう少し上手くできるなら、そうすべきであって。」

【白髪が出てきたようだけど…染める派、それとも、そのままにしておく派?】
「これも人生の一部だから。好きですよ。事故の後、入院してたら出てきたんです。手術室に入る前は白髪なんてなかったんですけどねぇ。
床屋に行くと、『染めるか切るかする?』って訊かれるけど、断ってるんです。そのままにしておいてって。」

5b5709bb0de6940d5e34941e-dani-pedrosa-pregunta-a-dani-pedrosa-como-superas-un-miedo.jpg


【寝つきは良い方?】
「その時によります。すぐに寝てしまう時もあるし。例えば、トレーニングでプッシュしまくった日とかね。でも、通常、夜は考えごとをしてしまうんですよね。」

【これまで、最も勉強になったと思った人生経験は?】
「人生における経験は人生そのものだから。モトGPでは特にそうですね。自分自身を知るって意味では驚異的なプラットフォームですよ。
様々なストーリーを経験しますからね。レースにファンやスポンサーの皆さんと知り合い…しかも、各国の方々とね。そう言った状況で自分がどう感じるかってことで、最終的に自分が何者なのかを教えられるものでしょう。
自分自身を見つける機会を与えられると言うわけですよ。」

【引退後の計画は?】
「いくつか案はあります。でも、まだ、ただの考えにすぎませんけどね。今のところ、何も決まってません。」

【自転車好きとしては、どこの山に挑んでみたい?】
「自転車好きとしては、けっこうキツイのに挑んできたんですが…ドロミテにもう少し挑んでみたいですねぇ…すべて制覇してないんで。景色が物凄く良いんですよ。」

【世界のどこかにウィンドサーフィンに行くなら、どこが良い?】
「それはねぇ、レース参戦のせいで出来ずにいることなんですよねぇ。
可能になった日には、色々と旅行に行きたいと思ってるんですよ。ハワイに行きたいんですね。ウィンドサーフィンのメッカだし、行ったことないんで。」




(2018年07月24日『Motograndprix』記事参照)
(2018年07月24日『MOTOCICLISMO』記事参照)


ホンダのテストライダーになる可能性もあるペドロサ選手…
マルケス選手にもマシン開発はできるだろうが、でも、ペドロサ確保はホンダの財産になる…なんて声もあがっております。
詳しくは、こちらでどうぞ。

【2018ザクセンリンクGPまとめ その1 ホンダ&ペドロサ引退、弟マルケス去就】[ 2018年7月11日発行 Vol. 196

●ペドロサ引退後、ホンダのマシン開発は誰がやるのか?
・マルケス「今のホンダ機は僕にぴったり!」
・ペドロサ、ホンダテストライダーの道もあり
・ペドロサがマルケスの道を拓いた

『note』の『Vol. 196』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』07月分マガジンは4本300円(外税)!

『note』07~09月分季刊号マガジンは12本820円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!

[amazonjs asin=”B07DVXXLZV” locale=”JP” title=”26 Dani Pedrosa ダニ・ぺドロサ REPSOL レプソル MOTO GP キャップ 並行輸入品”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. AKI より:

    「2ストロークエンジンの頃はライダーの実力も推し量りやすかったんですよ。現在の4ストロークだと、本当に良いライダーかどうか分かりづらくなってますね。」

    全てがこれに集約されてる気がする・・・。

  2. nav. より:

    これから、レースの外からmotogpやバイク界を支えてほしいですね!

  3. kaz より:

    後は電制のせいかな。

    ダニにはもうのんびりしてもらいたい。
    ここ何年かは悲壮感が漂っていたし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP