MotoGP

ロレンソ『ドゥカティライダーがミザノでこれほど速かったことはない』2018ミザノテスト

『ロレンソ:これまでドゥカティライダーがミザノでこれほど速かったことはない』

lorenzo-box (6).jpg


★8月19日(日)、ミザノ・サーキットでモトGPチームらによるテストが行われた。

★首位ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティファクトリー)のコメント。

「乗る度に走り心地が良くなってます。経験も積んできたし、限界ギリギリのところまで持っていけるようになりましたよ。
トラックのコンディションやら、かなり暑かったことを思えば、新タイヤでもユーズドでもけっこう速い走りができましたね。
これまでドゥカティライダーが、ここで1’31”9なんか出したことなんてないんじゃないんですか。レースに向けて、なかなか良いベースが見つかったように思いますね。」

【ドゥカティがミザノで優勝したのは2007年が最後だが、今年はもしかしたら…】
「物事は日に日に変わっていくから、今日、好調でも、3週間後にはすべてが変わってしまうかもしれない。
重要なのは、現在、好調の波に乗ってるってことなんですけどね。」

【もうドゥカティ機のことは、ほとんど把握した…】
「何年も同じマシンに乗っていれば最大限に活用することもできるけれど、癖がついてしまい、乗り換えた時に強い走りができなくなるものでしょ。
ヤマハとドゥカティのマシンの違いはかなりのものだし、だからこそ、強い走りができるようになるまでに時間がかかっていたんです。でも、それなりに理解できたんで、以前のように速くなったと言うわけですよ。」

【タイトル争いにも加わっていけるかも…】
「とにかく、マルケスが最有力候補であることに間違いはないから。獲得ポイント数もそうだし、あの安定感からもね。
アッセンやザクセンリンクなど、うちが苦戦するトラックが巡ってきてましたからねぇ。しかも、まだ最難関サーキットが控えているし…フィリップアイランドですよ。
でも、まぁ、それ以外の所では少なくとも表彰台争いができるポテンシャルはあるでしょう。
目標はできるだけレース優勝を重ねて、総合2位争いを争っていくことです。タイトル獲得は不可能とは言わないが、でも、難しいでしょう。1レース1レースのことを考えていきたいですね。」

【最近、クラッチロー選手が『ロレンソはホンダのマシンに乗ったら、ドゥカティのことが恋しくなる』と言っていたが…】
「カル(クラッチロー)のことは良く知っているけど、常に自分のマシンのことを愚痴ってるじゃないですか。もっと自分自身で努力すべきなんじゃないのかな…マシンのことばかり言ってないで。」

【しかし、来年、多少は恋しく思うかも…】
「ドゥカティは大家族って感じなんですよ。ファンの皆さんもブランドにプライドを持っているし、ライダーに対しても実に敬意を払ってくれます。
人間的な意味では、そう言った点は恋しく思うでしょうね。」

【では、技術面では?】
「エンジンでしょうね。あの馬力とブレーキングでの安定感は恋しく思うでしょう。」

(2018年08月19日『Gpone』記事参照)


クラッチロー選手が「ロレンソはホンダ機に乗ったらショックだろう」と言ってまして…
これまでヤマハ/ドゥカティ/ホンダを乗り換えてきたクラッチロー選手…けっこう信憑性があるのかも。
詳しくは、こちらでどうぞ。

【2018オーストリアGPまとめ その1 ドゥカティ&ホンダ】[ 2018年8月18日 発行 Vol. 199

●ホルヘ・ロレンソ
・寿命が縮まった
・ポル・フエラ復活
・苦手な第3コーナーを克服しての勝利
・ビデオでイメージトレーニング
・タイヤ泣き笑い
・ここ6戦の獲得ポイントはトップだが…
・エルゴノミクス問題が惜しかった…
・ホンダ移籍は株取引のようなもの…
・マルケス「ホンダは実に良い契約をしてくれた」
・クラッチロー「ロレンソはホンダ機に乗ったらショックだろう」

『note』の『Vol. 199』を1本だけ読みたい人は100円(外税)!

『note』08月分マガジンは4本300円(外税)!

『note』07~09月分季刊号マガジンは12本820円(外税)!

プリペイドカードも利用可能!

[amazonjs asin=”4794212801″ locale=”JP” title=”東京の戦前 昔恋しい散歩地図”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. AKI より:

    「常に自分のマシンのことを愚痴ってるじゃないですか。もっと自分自身で努力すべきなんじゃないのかな…マシンのことばかり言ってないで」
    どの口が言う・・・って感じと、サテライトって言う立場もあるんじゃないか?

  2. 最終戦までドキドキしたい より:

    ロレンソ節出てきた~‼

    3回優勝したら、彼にはもう謙虚と言う文字は無い

    これって良くも悪くもロレンソ復活したって

    サイン?

    前ほど嫌いじゃ無くなったし

    この前のレース格好良かった

    でも、1番はロッシだけどね

  3. J.TAKAHIRA99 より:

    やっぱり強いロレンソは必要です。

    コメント入ってる記事はロレンソ絡みがおおいね。

    叩かれ、いじられ、けなされ、そして愛され。

  4. THE 毒ター より:

    役者が揃ってきましたね〜♫
    なんかワクワクするー!

  5. TKM より:

    もうすっかりホルヘここにありって感じ。
    言いたいことは全部言う!これね!

    しかしドゥカ移籍は惜しい。本当に惜しい…

  6. maxtu より:

    移籍当初の不調からここまで這い上がってきたのだから許されますよねぇ

    個人的にはHONDA移籍が決まったにも関わらず、モチベーションを高く持って速くなってるのは素晴らしいと思います
    王者の意地と責任なんでしょうね

    逆風を跳ね返す姿を見せてくれる今のロレンソは応援したくなります

  7. horizon より:

    戻って来ましたね~いつものロレンソに
    そしてこれまた相変わらずの「これまでに~今迄で~これほどに~」アピールw
    分かったちゅうねんww
    しかしやはり彼も王の一人!やっぱロレンソはこうでないと!
    でもよく頑張りました!
    それには素直に称賛しかありません

    しかしロレンソあんた…
    「常に自分のマシンのことを愚痴ってるじゃないですか。もっと自分自身で努力すべきなんじゃないのかな…マシンのことばかり言ってないで」
    ほんとどの口がww

    いやいや、でも結果を出せば全部引っくり返るのがロードレースの面白さの一つですよね
    今でも思い出します…
    KC先生に「ダメダメ~wマシンを自分に合わすんじゃなくて自分をマシンに合わさないと~♪」
    クッソ~~悔やしい~(T△T )と思ったもんですが…
    まぁマシンに合わそうが自分が合わそうが勝ちさえすればアイツが凄いで一件落着w
    ホルヘもいい調子になって来たんだからロッシ先生も早く来て~~><
    後輩ロレンソくん待ってくれてるよ~?

  8. motomoto より:

    今回のロレンソの復活を見て、やっぱりトップライダーは凄いなー、と思うのと、
    これほどの技量を持ったライダーでも感覚が合わないと、例え勝てるポテンシャルを持ったマシンでも、あそこまでの不調に至るのか、というとても貴重な例を観させてもらった気分です。

    ロッシがドカで苦労していた時はマシン自体がダメ過ぎてロッシの技量を持ってしても、という感がぬぐえなかったけど、ドヴィが勝っている横で下位に沈んでいくロレンソと、一度フィーリングを掴むと今度はドヴィがどうにも追い付けない差を同時期に見せつけられて目からウロコ。こんな事もあるんですねぇ。勉強になりました。

    あの時期に来期の契約を決めなくてはならなかったドカが、今はただただ気の毒です。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP