MotoGP

イアンノーネ、マルケスについて『当事者同士が和解したら一件落着』2018セパンGP

『イアンノーネ、マルケスについて:当事者同士が和解したら一件落着』




★11月3日(土)、セパンGP予選2でマルク・マルケス(ホンダファクトリー)がPP獲得、アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー)が4位だった。

★マルケス選手は予選中、イアンノーネ選手のタイムアタックを妨害したため、グリッド6順位降格となった。
これにより、イアンノーネ選手はグリッド3位昇格となった。

★イアンノーネ選手は、当初、マルケス選手の順位降格を知らなかったため次のように話していた。
マルクも謝ってたことだし、まぁ、良いですよ。こう言うことは起きるもんなんだから。
ただ、これがもし僕がやってたとしたら、4順位ぐらい降格にされてたでしょうけどね。
レースディレクションでは、通常、イアンノーネのことは良く話題になるみたいだけど…まぁ、こう言うことは起きるもんなんだから。(当事者同士が)握手したら、もうそれで終わりでしょ。」

★イアンノーネ選手は現段階ではまだ表彰台争いはできないが、日曜WUPで改善できるよう努力する姿勢。
また、ドライレースを希望しており、同トラックのアスファルトは乾いているのかどうか分かりづらく、昨年に比べ、アスファルトは2%ほど改善されたと評した。
なお、レース開始の繰り上げは良策だと思うとのこと。

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


フィリップアイランドこぼれ話…
マルケス選手は卓球は弱いとか、ペトルッチ選手は考えすぎるとかって話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”4405082189″ locale=”JP” title=”どんなに体が硬くても背中でギュッと握手できるようになる肩甲骨ストレッチ”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP