MotoGP

ロレンソ、肋骨にひび:2019カタールGP

『ロレンソ、肋骨にひび』

★3月12日、ホルヘ・ロレンソ(ホンダファクトリー)の右の第1肋骨にひびが入っていることが判明した。

★ロレンソ選手は9日(土)のカタール戦FP3中にハイサイド転倒し、直後の検査で骨折はないと診断されていたが、肩、背中の激痛を訴え、帰国次第すぐにCT検査をする旨のコメントをしていた。

★完治には3〜4週間かかる模様。

★ロレンソ選手は昨年からケガに悩まされ、アラゴン戦では右足、ブリーラムでは左手首、1月のトレーニング中には左手首の舟状骨を痛めている。

★次のアルゼンチンGPは3月29〜31日である。

(参照サイト google 翻訳:『Motorsport.com』)


マルケス選手がロレンソ選手にプレッシャーをかけてたって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. ま。 より:

    お祓い行ってきな。

  2. madmax より:

    マルケスと違ってハイサイド転倒が多い気がする

  3. ジージ より:

    肋骨も背中側だとちょっと厄介たねぇ。
    早く怪我全快して、全開ぶっちぎるホルヘ観たいんだけどね。

  4. うな より:

    マルケスはブレーキングが武器なので転倒するときはフロントを押し潰し過ぎて限界を越えたとき転倒する。
    ロレンソは旋回スピードが武器なので旋回しながらアクセルを開けてリアタイヤの限界を越えた時に
    ハイサイドで転倒する。
    どっちの転倒もちゃんと理由があるんだよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です