MotoGP

ペトルッチ、転倒&ミールに激おこ:2019ザクセンブルグGP



『ペトルッチ、転倒&ミールに激おこ』

★7月6日(土)、ザクセンリンクGP予選でダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティファクトリー)が7位だった(FP総合7位で予選2へダイレクト進出)。

★自己ベストを記録中、第9コーナーで転倒し、打撲および右手親指の靭帯を負傷。

★ペトルッチ選手のコメント。

【転倒については?】
「あの瞬間、ギョッとしましたね。けっこうな高速コーナーでやってしまって…時速200キロぐらいあったんですよ。すぐに右手と左手首に激痛を感じ…2014年のヘレスで負傷した箇所なんです。
手がアッと言う間にどす黒くなっていったんで、これはどこか折れたなって思いました。
あのタイミングでの転倒はキツかったですね…良い周回をこなしてる最中だったものだから。
いつもよりちょっと遅めにアクセルを閉じたら、完全にフロントのコントロールを失ってしまったんです。
あの手の地点ではだいたい、皆、苦戦するもんなんですよね。」

【転倒前、ミール選手と揉めていたようだったが…】
「最初、ミールはそんなに接近してなかったのに、けっこうな低速走行をしてきて…第11コーナーでチラッと振り向いたと思ったら、走行ラインの真ん中を塞ぐんですよ。
それで、こっちはまたタイムアタックの準備をして…そうしたら、次の周回でも同じようにしてくるんです。いったい何であんなことをするもんだか。
もしかしたら、もっと車間距離を取るべきだったのかもしれないけど、でも、1秒も離れてたら充分だと思ったんですよねぇ。
とにかく、なにがムカつくって、2回もこっちを見ておきながらラインの真ん中に居座るって言うのが我慢できなかったんですよ。」

(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ペトルッチ選手はアッセンでドヴィ選手を抜けたのか?って話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. ニダール より:

    自分のことは棚に上げて・・・
    まさにドゥカティの人間って感じ

  2. 明日はどっちだ より:

    タイムアタックでルーキーの後追いなんて恥ずかしくないのかね…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP