MotoGP

ペドロサ談『僕の方がロッシより後から始めたのに…』

『ペドロサ:僕の方がロッシより後から始めたのに…』

★最近、『DAZN España』が有名ライダーによる座談会番組を何回かに分けて放映している。

★出演者は以下のとおり。
シト・ポンス、カルロス・チェカ、ホルヘ・マルティネス(アスパー)、アレックス・クリヴィレー、エミリオ・アルサモーラ、ダニ・ペドロサ。

★ペドロサ元選手がチェカ先輩からライダーになったきっかけついて訊かれ、次のように答えた。

「最初は90年代のレースを観てたんですよ…5才の頃でした。
500ccと250ccの総集編ビデオが2本あって、一日中そればかり観てたんです。
あと、うちの父が日曜日になるといつも500ccに乗ってたんですよ。
その後、僕は2ストロークから始めて、4ストロークに乗り換えたんです。最初の頃は、練習の後はいつもどっさり『宿題』があって…もう、そう言う必要はなくなりましたけどね。」

★現在、苦戦しているヴァレンティーノ・ロッシの話題になると、ペドロサ元選手は次のように答えた。

「(ロッシは)まだまだ続けるつもりでしょ…大好きなんだから。これに情熱を注いでるわけだし、あちこちにファンがいるんだからリザルトなんて二の次でしょ。
当然、前に出られた方が嬉しいだろうけど、ファンの応援って言うのは本当に助けになりますからね。
まったくねぇ…僕の方があとから始めたって言うのに、こうして先に辞めてしまったんですからねぇ!」

[ 続く ]

(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


ペドロサ引退・ホンダ完全離脱が決まった時から、マルケス専用機の開発が始まっていたって話は有料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP