Moto3 category

マルケス『フェナーティは学習した』2019オーストリアGP

『マルケス:フェナーティは学習した』

★8月10日(土)、ブルノGPのモト3予選でロマーノ・フェナーティ(ホンダ、スナイパーズ、昨年はモト2参戦)が予選1で2位、予選2でPPを獲得した。

★フェナーティ選手がPPを獲得するのは2017年シルヴァーストンGP(モト3クラス)以来ひさしぶりのこと。

★なお、ペナルティによりレースでのスタートグリッドは3位となる。

★フェナーティ選手は2018年ミザノ戦での一件により、キャリアはもう終わったと思われていた。

★マルク・マルケスが予選後会見で、フェナーティ選手について次のように語った。

「(フェナーティにとって)本当に良かったと思ってます。自分がやってしまったことについて理解できたのだと思います。
ブルノ戦の後、(予選でのリンスとの一件について)説明した通り、僕らは皆、まだ若者で、プレッシャーのせいもあって時にはきちんとした判断ができないこともあるんです。経験を積んでいかなければならないんですよ。
ロマーノは学習したのでしょう。こうして戻ってきて良かったですよ。またトラックで才能を発揮できるようになると思いますよ。」

★アンドレア・ドヴィツィオーゾが次のように語った。

「またここで会えて嬉しいですよ。はたで見てる分には、簡単に判断してしまうものですからね。ロマーノには素晴らしい才能があり、それを証明してきたと思います。毎回、優勝争いができるってところを証明してきたとね。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ブルノGPのレース遅延まとめは無料閲覧『note』で!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP