MotoGP

マルケス黙秘『2020年に向けて集中』2019ミザノテスト

『マルケス黙秘:2020年に向けて集中』

★8月29〜30日、ミザノサーキットでモトGP公式テストが開催され、マルク・マルケス(ホンダファクトリー)は初日が3位、2日目は10位だった。

★マルケス選手は2日間で大量の作業をこなしたが、コメントは少なかった。

★マシンは現マシンから2020年版まで4台用意されていた。

★マルケス選手のコメント。

「今シーズンも終わりに近づき、来シーズンが始まろうとしているんで、けっこう大変なテストでした。まずは今後のレースのための作業をして、その後、来シーズン用のマテリアルを試してました。」

【具体的には?】
「詳しいことには触れられないんですよ(笑顔)。新マテリアルを初めて試してみたんですが、正確なコメントを出すことができたし、現在のベースからスタートさせて上手いこと作業できました。」

【他の選手らのようにタイムアタックはしていなかったが…】
「次のヴァレンシアテストに向けて、いくつか理解しておくことの方が重要だったんで。上手く理解できた点もありましたよ。ただ、エンジンに関しては、ミザノは最適なトラックではないから。
目標はいつも通り、速くて乗りやすいマシンにすることです。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


なぜマルケス選手がまた最終コーナーで負けてしまったのかは有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. ジージ より:

    忙しくてコメントする暇も無かった?
    マルク好みのマシンは他のライダー達に受け入れられるか、否か?

  2. ニダール より:

    黙秘します

  3. maxtu より:

    なにが凄いって三連覇中の王者でありながらリハビリを抱えた冬季テストも含めて献身的にこなす姿勢はクルーも信頼するだろうし、それでマルケス好みになったとて誰も不満は言えないはず

    転倒しても大怪我もしないし開発としても限界点が把握できる、本当にプロフェショナルだと思う
    なにより怪我してテストできないのが1番ダメだし、王者になるとテストをサボるライダーも過去にいたぐらいだしね

  4. ヤマ派 より:

    ガードナー「何かさっきからクシャミが止まらないんだが…」

    天才マルケスと秀才ロレンソが共に満足できるバイクができれば理想なんですが。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP