MotoGP

ホンダLCR『中上貴晶の進退はどうなるのか?』ルーチョ・チェッキネッロ

『チェッキネッロ:中上貴晶の進退はどうなるのか?』

★現在、ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー)のホンダファクトリー移籍が取り沙汰されている。

★同選手のマネージャーおよびホンダHRCのアルベルト・プーチ氏は、契約締結の事実はないとコメントしている。

★6月5日、ホンダLCRのルーチョ・チェッキネッロ氏(チームマネージャー)が、次のように話した。

【一時、カル・クラッチロー引退の気配が漂っていたが…】
「(フィリップアイランドでの)事故後、2020年末での引退を考えるのは当然のことだったでしょうね。
ただ、昨年末ぐらいから、2021年も走りたいと繰り返し言ってくるようになったんです。私の感触としては、続投すると思いますよ。
(新型コロナウイルス禍での)現状のせいで、レースなしの人生なんてつまらないって思うようになったのでしょ。」

【クラッチロー継続については、6月末には公表できそうで…】
「既にホンダHRCの方と話はしているようなんですが、とにかく、カルはホンダHRCのライダーだから、私は直接関与することはできないんですよ。
うちとしては、カルと続けられたらこのうえないんですけどねぇ。」

【ナカガミの方はどうなるの?】
「ホンダ側が真剣に契約更改を考えてくれるものと信じています。そうして然るべきですから。
ナカガミはライディングスタイルも戦闘力も、かなり向上しているんです。まだ伸びしろがあると判断されたならば、ホンダは今後もチャンスを与えると思いますよ。
とは言え、当然のことながら、2020年の序盤レースでの結果によりますけどね。」

★なお、もしアレックス・マルケスがホンダファクトリー放出となった場合、ホンダLCRに移籍する可能性もある。その場合、タカアキ・ナカガミはホンダSBKに移籍することも予想される。


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)
(Photo:Twitter


メランドリが明かす「なぜバウティスタはホンダに移ったのか?」って話は有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. POP84 より:

    [その場合、タカアキ・ナカガミはホンダSBKに移籍することも予想される。]

    中上と出光が抜けても代わりのスポンサーが付くめどでもあるのかな?

  2. より:

    スポンサーが付きやすいスペイン人という事を考えると、無い話でもと考えてしまいます。

  3. ラルフアンダーソン より:

    中上くんと出光が抜けて、アレックスが入った場合MarcVDSがメインスポンサーになる可能性が高いでしょうね。
    世界一のビール会社の親族で、マルケス家と関係良好ですし。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP