MotoGP

なぜドヴィツィオーゾは契約にサインしないのか?

『なぜドヴィツィオーゾは契約にサインしないのか?』

★現在、ヴァレンティーノ・ロッシ(41才、最高峰89勝)およびアンドレア・ドヴィツィオーゾ(34才、最高峰14勝)の両選手が、今年末に引退してしまうのか、それとも、2021年以降も現役を続けるのかに注目が集まっている。

★ジョヴァンニ・ザマーニ記者(イタリア衛星放送『SKY』レポーター)が、自身の考察を以下のように綴った。

[ ロッシ編はこちら ]

《ドヴィツィオーゾの場合は、年齢にしても今後の展望にしても、また話ががらりと変わってくる。
反証がない限り、ドヴィツィオーゾと言うのは戦闘力の高いライダーであり、その速さに関してもそれほど疑いはない。しかし、ロッシとは異なり、ドヴィツィオーゾにはモトGPに対する病的なまでの執着はないのだ。
ドヴィのドキュメンタリー映画を観た者ならば、ピットボックス内のある状況下で彼がいかに苦労しているかに気づくだろう。

ロッシ同様、契約に問題はない。当然のことながら、ドゥカティはドヴィとジャック・ミラーでやって行きたいのだから。
ただ、どんなコンディションでやって行こうと思っているのか?

ドゥカティの幹部陣によれば、あとは金銭的な問題だけとのことだが、ドヴィの人となりからすれば、それが一番の問題とは思えない。
金銭的な問題だけならば、既に契約が締結されていても良いはずなのだ。なぜならば、これまで何度も言ってきたように、ドゥカティ機にはドヴィが必要だし、ドヴィにはドゥカティ機が必要なのだから。

これまでドヴィは、ドゥカティ機に乗っているにも関わらず、『甘んじる』と言う姿勢を見せてきたが、どうやら、もうそんなことをする気はないのだろう。
おそらく、ドゥカティ機の戦闘力が上がったことへの功績を、認めてもらいたいのではないだろうか。これまで他のドゥカティ選手が…あのホルヘ・ロレンソでさえも成し遂げられなかった功績を、認めてもらいたいのではないか。

しかし、ドヴィ本人によれば、そう言う風にはならず…その結果、もっと本格的に他のことに情熱を傾けたい気持ちが日に日に強まっているのだ。
ロッシ同様、ドヴィツィオーゾもまた、今回の自粛生活によりモトGPなしでも生きていくことはできると悟ったのではないかだろうか。
もちろん、確証などはない。ただ、そんな風に感じると言うだけの話だ。
できれば、私の印象が間違っていてくれると良いのだが。》

[ 完 ]


(参照サイト google 翻訳:『Moto.it』)
(Photo:Instagram


ロッシも含め、ドゥカティ機がいかにライダー泣かせかって話は有料『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 暇人18号 より:

    ドカでのドヴィの功績は誰の目から見ても明らかで、気難しいドカ機を始めは苦戦してたけど年々成長させて来たからこその三年連続シーズン2位

    ドカよりもKTMに移ってマシン開発の助けをした方がドヴィとしては新たな生きがいを見つけることが出来るんじゃないかな

    っと予想してみる

  2. へほへも より:

    レースにたらればの話は無駄だとはわかってるけどマルケスがいなければドビ&ドカの時代もあっただろうに

    どうでもいいけど考えたら財布とか鞄とかフェラガモで揃えてるしロッシ、ドビ、ペトルッチ推しだし。単純にイタリア好きなんだな(笑)

  3. 87 garage より:

    色々と考える時間がありましたから

    不安を招いたんでしょうか?

    バレもドビも
    まだまだイケイケだと思うけど

    本人だけが知る不安が
    レースのないことで増幅させてるのか?
    周りが、早い契約で
    焦らされてるのを嫌ってるか?
    は、わかりませんが

    どんな結論を出すんだろ?

  4. POP84 より:

    何となくですがドカ側が足元を見て契約金を渋る、
    又は何勝かはできるけどタイトルは取れないし、
    KTMに移籍してもタイトル争いは無理だから絶対最後には折れると履んでいたりして。
    ライダー側へのリスペクトが欠ける状態とか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP