MotoGP

クラッチロー、SBKホンダ移籍を断る

『クラッチロー、SBKホンダ移籍を断る』

★ポル・エスパルガロ(KTMファクトリー)のホンダファクトリー移籍に伴い、アレックス・マルケスがホンダLCRに移動することが予想されている。

★ルーチョ・チェッキネッロ氏(ホンダLCRチームマネージャー)は、現在所属しているカル・クラッチローおよびタカアキ・ナカガミの継続を希望しているが、ライダー選択に関しホンダHRCの発言権が強いため、今のところ、クラッチロー放出の可能性が高い。

★当初、KTMファクトリーがエスパルガロ後任としてクラッチロー選手を候補に挙げていたが、結局、ダニーロ・ペトルッチに決まった。理由の1つに、スポンサーの問題もある(※クラッチロー選手の個人スポンサーはモンスター)。

★クラッチロー選手のモトGP残留オプションはアプリリア移籍のみと見られているが、アンドレア・イアンノーネのドーピング訴訟の判決は8月以降と見られ、それまで交渉はできない。なお、アプリリア側はイアンノーネ無罪の場合は、同選手の継続を希望している。

★独『Speedweek』サイトによれば、クラッチロー選手はホンダよりSBKに移籍し、アルヴァロ・バウティスタと組むようオファーを受けたが断った模様。
なお、本人はモトGP残留を希望している。

(参照サイト google 翻訳:『Tuttomotoriweb』)
(Photo:Instagram


ロッシがホンダ500cc機に初めて乗った時の感想は有料『note』で!!

created by Rinker
¥3,122
(2020/08/10 22:54:00時点 楽天市場調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. maxtu より:

    ようやくカルの情報が出てきましたねぇ
    チェッキネッロが残留を希望してもHONDAのゴリ押しか…YAMAHAとペトロナスの事情と変わらん
    カルの歯を着せぬ発言をHONDAが嫌ってる説が本当っぽいね

    以前からSBKに戻るつもりが無いとも言ってたけど、引退する気がなくてもこのままじゃ現役は厳しい
    イギリスGPもない今年で終わらせて良いのか?ドルナなんとかしろー

  2. ドナルドT より:

    カルと中上を比べたらどう見てもWSBに行くべきなのは中上だろうにホンダのゴリ押しでカル放出とは残念な話だ。

  3. sws より:

    完全同チームならそうなるかも知れんが、1チーム別枠ライダーですからね。
    ワークス同型にアレックスを乗せるにはカルしか居ないのよ。

  4. RF400 より:

    ドナルドTさん

    言いたいことはよくわかりますけど、年齢のことも考えたらそうとも言い切れませんけどねぇ…
    ファクトリーじゃないなら伸びしろにかけるってのもありかと思います。
    もちろん、実力が伴ってほしい気持ちは僕も同じですよ。
    他所から見てアブラハム同様に見られたら日本人としては悔しいです、本当に。

  5. ジョルジョ99 より:

    世界景気悪化から、実力派よりマネー優先の体制作りになるんだろうね。

  6. ドナルドT より:

    RF400さん

    別に中上さんをディスった積もりでは無いし、個人的には日本人としても彼を応援したいと思ってます。

    ですが同時にシートの数が決まってる中で、もう少し結果を残してくれないと現実的に厳しいとも思います。

    年齢や契約金の額、IDEMITSUが持ち込むスポンサーフィーを考えたら中上さんにも分はありますが••••

    貴方を不愉快にさせてしまったらな申し訳ございません。

  7. マックス より:

    昨シーズンのロッシに突っ込まれるまでの中上を見れば、全然残留でいいと思います。
    クラッチローはコケ過ぎ!

  8. maxtu より:

    もしナカガミ、イデミツが抜ければLCRは1台体制に戻るかも知れないけどね
    HONDAがかなりの援助をしてそう

  9. リッターSS乗り より:

    ドナルドTさん

    クラッチローはベテランなうえ、過去にSBKでも勝利を挙げているし、CBR1000RR-Rの開発も兼ねて白羽の矢が立ったのではないでしょうか?

  10. ニッキー69 より:

    トレーニング方の進化などで、大幅に選手寿命が延びたプロスポーツ選手にとって、今後の競技人生を考えたときに34歳という年齢において重要なのは体力面ではなく、モチベーションの部分になると思う。
    本人じゃないから知らんけど、カル様、2018年の最終戦で負ったケガのせいでモチベーションが落ちてたんじゃないかと…
    それが昨今出てきていた引退説の原因じゃないかなぁ。
    でもケガがだんだん良くなってきて、「俺まだやれるぜ!」って気持ちを持ち直してきたんじゃないか?
    だとすればSBKなんてぬるい提案はけって、まだまだmotoGPの第一線で走りたいと思ってもおかしくないよね。
    ホンダファンとしてはSBKでCBRをタイトルへ導いてほしいもんだけど、本人の希望じゃしかたないさ。
    ホンダラストイヤー(気が早い?)期待してますよ、カル様。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP