MotoGP

ダッリーニャ、『ドヴィ離脱は、ものの見方が違っただけ…』

『ダッリーニャ:ドヴィ離脱は、ものの見方が違っただけ…』

★8月15日(土)、アンドレア・ドヴィツィオーゾが2020年末、ドゥカティから離脱することが公表された。

★ドヴィツィオーゾ選手のコメントはこちら

★ジジ・ダッリーニャ氏(ドゥカティ・ゼネラルディレクター)のコメント。

「この何年かの間にドヴィツィオーゾと共に成し遂げてきたことを、本当に誇りに思っています。多くの人々、多くのファンに夢をみてもらえましたからね。各人が各所で多くのことを成し遂げてきたのだと思います。
まさにドヴィが言い続けてきた通り、何一つ間違うわけにはいかなかったし、すべてを完璧にこなさねばならないのだから。
これまでの間、我々もまた長期に渡る進歩を遂げつつも、(犯してしまった)これらの間違いのせいで痛みの伴う選択をしなければならず…とにかく、そう言うことをしなければならない時もあるのですよ。」

【もし今回、ドヴィツィオーゾ選手が好結果を出したなら、チャンスは残っていたの?】
「ドヴィと共に、今回の決定に関して詳細はあまり話さないと決めたんですが…最終的に(離脱の決断は)彼がしたことです。
今はまだ重要な目標を抱えているわけだから、それに集中すべきでしょう。私もドゥカティ全員も、そして、アンドレア・ドヴィツィオーゾも(達成できると)信じている目標ですからね。
容易な目標ではなく、まっとうするには各所がきちんとバランスを取っていかなければなりませんから。」

【ドヴィツィオーゾがこのような決断をするよう、ドゥカティが仕向けたのでは…。代替プロジェクトを立てるのは当然のことだが、ヤマハが事前にロッシに『クアルタラローを取るから』と告げたようなことはできなかったの?】
「実際のところ、何がどう展開していたかを知っているのは我々とドヴィだけですからね。
うちの選択だったのかどうかについては、あくまでもこの業界の推測に過ぎないことであり…特に私が何かを言う気はないですよ。
実際のところ、双方に適切な解決案を見出したわけですから。」

【ケーシー・ストーナーが『ドゥカティはドヴィツィオーゾのようなライダーを手放すべきではないし、結果を出しているのは風洞テストではなくライダーなのだと言うことを理解すべきだ』と言うTweetを出していたが…】
「2輪レースでライダーが決定的な要因であると言うことは、もはや論議する必要などないでしょ。私もそう思ってます。
合意と言うものは双方でするものであり、容易に合意に達せないこともあるのですよ。」

【ドヴィツィオーゾが『(ダッリーニャと)揉めたことも多かった』と言っていたが…例えば、技術的な問題などで?】
「各人が、違うものの味方をするのは当然のことですからね。私とドヴィが何かについて違う考え方をしていたのは事実だが、それはあくまでもグループ全体のパフォーマンスを上げるべく対立していただけですから。とにかく、好結果を出したと言う気持ちからのことです。
私はそうだし、当然、ドヴィもそうでしょう。我々のものの見方は異なるが、双方、自分の考えでならドゥカティのシステムを改善していけると信じてのことですから。」

【後任はザルコ、バニャイア、ロレンソのうち誰になるの?ドゥカティ内では既に決定しているように見えるが…】
「はっきりしているのなら、ここまでドヴィと話し合ってはこないでしょう。(ドヴィとの)交渉が複雑になってきたと感じた時点で、いくつかの想定はしてみましたけどね。ただ、今、そう言う話をするのは時期尚早でしょう。
バニャイアにしろザルコにしろ、実に好調ですからね。このまま関係を続けていくことに関心はありますよ。
その他にもいくつか案はあるが、とにかく、まだ時期尚早でしょうね。」

【ホルヘ・ロレンソについては?】
「かなりリスクの高い案でしょうね。案としてはあるので、検討はしてみますよ。」

【他のライダーについては色々と検討しているのに、ドヴィに対してのみはしなかったと言う印象だが…ドヴィを第一優先させるべきだったのでは?】
「物事は、はたから見ているのとは異なることもありますからね。合意と言うのは双方でするものだから。」

【しかし、ドゥカティと所属ライダーは常に難しい関係になってしまいがちだが…】
「もちろん、難しい決定となってしまうような状況もあったし、そのため、確かに、ドゥカティにはそう言った空気があるように見えているのでしょう。
そう言った印象を抱かれていると言うことは認めますよ。
ただ、その点について言及する気はありません。現在、当チーム内に緊張感が生じてしまうようなことはしたくないのでね。我々には共通の目標があるのだから。
チャンピオンライダーになって出ていかれてしまうと言う問題に直面したいものですね。」

【今後、ドゥカティとしては新世代ライダーに目を向けていく?それとも、著名ライダーの方?】
「若手ライダーについて語るのは興味深いですね。これまでも重要な選択をしてきていますから。例えば、バニャイア等はそうですね。今後も抜擢していくつもりですよ。」

【ドヴィ離脱に至るようなエピソードが、最近あったの?】
「できるだけ最善の解決策を模索しようと言う共通の目的を持ちつつ、何度か軋轢はありましたね。それは周知の事実でしょう。
ただ、ここ最近、特にこれと言ったようなことは何も起きていません。」

(参照サイト google 翻訳:『Moto.it』)

なぜドヴィ選手が新リアタイヤで苦戦しているのか?って話などは、note『チェコGPまとめ』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. KG より:

    ロレンソ再獲得してまた他人を巻き込む大転倒なんかしたら、それこそ汚点だね。

  2. Cobra より:

    親会社のプレッシャーがなければ安くてそこそこ速いライダーを選択するんだろうね

  3. SL より:

    >我々のものの見方は異なるが、双方、自分の考えでならドゥカティのシステムを改善していけると信じてのことですから。
    その結果ドヴィはちゃんと結果残してマシンを速くしてきたのに…
    いくら公平な見方してるようなポーズ取ってても結局はイエスマンが欲しいだけなんだろ

  4. 半世紀 より:

    私が人の感情と認識している仁義とか忠誠心というマインドは「契約社会」では本当に無いものなのだろうか?
    doctorとヤマハの関係性はそれほど稀有な事例なのだろうか?
    巡り合わせ等の要素にも左右される「タイトル」だけが結局のところライダーの絶対評価なのですね。
    厳しい世界です。

  5. kt より:

    「チャンピオンライダーになって出ていかれてしまうと言う問題に直面したいものですね。」
    これが本音ですね。チャンピオンに成れない奴がデカい顔するなってね
    ここまで良くしてくれたライダーのインタビューで出る言葉じゃないですよ

  6. nav. より:

    リポーターさん、なかなかしつこく食らいつきましたね!
    ジジも大変だこりゃ。

  7. 04 より:

    あれれ!?ドビ勝ちましたけど・・
    またやらかしましたねドカ首脳陣ww

  8. maxtu より:

    どうも金銭的な問題だけじゃなさそうですね
    周知の事実とまで言ってる軋轢に歯止めが効かなくなった感じか

    ホント、ドヴィが王者になったらどうするんだろ?
    優勝しても少しシラけた雰囲気が漂うピットが気になります
    本気でバックアップする気があるのかも疑いたくなる

  9. おトッツァンドレ-マルケス より:

    勝てる所でキッチリ勝てるライダーに、えらい言いようですね。どうせまた後悔して地団駄踏むのでしょう。嫌悪感見え見え。マルク相手に戦える彼にリスペクトは無いんだね。名古屋弁で言うと、どえらげにゃー根性悪。あーやだ。

  10. 名無し より:

    この人はこの人でライダーと能天気な社長に挟まれて大変そうだけどね。

  11. 774RR より:

    ドビちゃんに他のチームとの良縁がありますように
    (。-人-。)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP