MotoGP

ドゥカティ『プライベートチームの件、ヤマハには気の毒だが…』パオロ・チャバッティ

『チャバッティ:プライベートチームの件、ヤマハには気の毒だが…』

★2023年のモトGPは参戦メーカー中3社が、ファクトリーチームの他にプライベートチームを1つ参戦させる(※ホンダ、アプリリア、KTM)。
なお、ドゥカティはプライベートチームを3つ、ヤマハはプライベートチームなしで戦っていく。

★ヤマハは2024年に向け、ヴァレンティーノ・ロッシ率いるVR46チームとのプライベーター契約を希望している。
なお、同チームはドゥカティとプライベーター3年契約(2022〜2024年末まで)を結んでいる。

★ドゥカティのパオロ・チャバッティ氏(スポーツディレクター)が、『Speedweek.com』のインタビューで次のように話した。

「うちはVR46チームと2024年まで契約済みですからね。まぁ、今後、何が起きるかは予測できないし、何が起きても不思議はないですが。
VR46チームと言うのは実に誠実なスタッフが揃っていて、選手陣もドゥカティ機に満足してるんですよ。リザルトを見ても一目瞭然でしょ…ヤマハには気の毒だが。
ヤマハについて、とやかく言う気はないが…ずっとあったプライベートチームが、なくなってしまったわけですからねぇ。」

★なお、チームオーナーのロッシ元選手は「ドゥカティ機がベストマシンであるうちは、変える気はない」と明言しているが、ドルナはヤマハとVR46チームが組むことを支持している。
また、他メーカー陣もドゥカティだけが計4チーム(8選手)を参戦させていることを快く思っておらず、MSMA(チーム協会)の会合では頻繁に同件が議題に上がっている。

★ちなみに、グレジーニチームはドゥカティと2023年末までプライベーター契約を結んでおり、早々に2024年末までに契約更改する模様。

(参照サイト:『Corse di moto』)
(Photo:Twitter

バスティアニーニが「来年はバニャイアに学ばせてもらう」って言った話は、note『2022 ヴァレンシアGPまとめ』でどうぞ!

created by Rinker
新潮社
¥693
(2023/01/31 13:48:47時点 Amazon調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP