クラッチロー負傷『熊と戦ったとでも言えればねぇ』2017ミザノGP

Pocket

『クラッチロー:ケガ?熊と戦ったとでも言えればねぇ』

motogp-san-marino-gp-2017-cal-crutchlow-team-lcr-honda.jpg


★9月7日(木)、ミザノGP会見でカル・クラッチローが左手人差し指の負傷について、次のように語った。

「家にいるってのは、けっこう危険なもんでね。もっとカッコ良い話だったら良かったのにねぇ…例えば、熊と戦ったとか。まぁ、僕はコックとしては最低っすよ。
ナイフでチーズを切ってたら、間違って自分の指をやってしまって。当初はめまいがして、翌日、病院へ行きました。
イタリアの医者は荒っぽいって言っとかないと(冗)。指の治療に鎮静剤なしなんすから。結局、腱まで切れてました。」

(2017年09月07日『Gpone』記事参照)
(2017年09月07日『Motorsport.com』記事参照)


最新『note』の無料閲覧は、ロッシ選手のアウディ売却とか、マルケス選手がロッシ負傷でイタリア紙の副編集長に批判された話とか。

痛いいね!

Ad & Relation Links

, , ,

2 Responses to クラッチロー負傷『熊と戦ったとでも言えればねぇ』2017ミザノGP

  1. maxtu 2017年9月8日 at 11:47 AM #

    家で熊と戦った…笑える(笑)

    きっとウィローちゃんに美味しい物を食べさせたかったのね

    イタリアのチーズは熊並みに危険!

  2. kaz 2017年9月9日 at 12:05 AM #

    相変わらず面白くてイイ人

コメントを残す

 

Top