ロッシ『ミシュランは同じタイヤだと言うが、僕は違うと思う』2017もてぎGP

Pocket

『ロッシ:ミシュランは同じタイヤだと言うが、僕は違うと思う』

rossi-dom (6).jpg


★10月15日(日)、もてぎGP決勝でヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が第6ラップの第8コーナーでスリップ転倒し、リタイヤとなった。

★今週末は不調で始まり、結局、最悪な結果で終わった。なお、転倒によるケガはなかった。

★ロッシ選手のコメント。

【まず転倒について…】
「今回は酷い転倒でしたね。第7コーナーで、ハイサイドでした。アレイシ(エスパルガロ)の後ろで、ギブアップしないよう頑張ってたんです。なんとかかんとか彼のペースに喰いついて行けてたんで。ところが、左折コーナーでグリップが出なくって、まるで氷の上でも走ってるようでした。アクセルを開いた途端、突然、リアが動いて…気づいたら、吹っ飛んでました。」

【骨折してた右足は?】
「ツイてましたよ。身体中すべて痛むけど、右足は大丈夫でした。これはポジティブでしたね。ただ、それ以外がねぇ。今週末はすべてにおいて苦戦し、本当に難しいレースでした。とにかくリアのグリップが出ないんですよ。原因を突き止めなければ。」

【どうやって?】
「いつも通り、重要なのは全ての情報をヤマハに伝えることです。今のところ僕としては、ヤマハM1機とミシュランタイヤの組み合わせのせいで問題が出てきてるように思えるんですよ。あらゆるコンディションにおいて問題が出るんですが、特にウェットですよね。どの道を進むべきか突き止めなければ。」

【希望はある?】
「今週末は常にウェットだったでしょ。水量に違いはあったものの、どのコンディションでも苦戦してました。」

【原因は?】
「どうすれば解決するものなのか。何が原因で問題が出てるのか分からないんですよ。奇妙な状況でね。」

【もしかしたら、タイヤが変わったとか…】
「去年に比べ、リアタイヤのカーカスが柔らかくなったように思えるんです。操縦した時の手応えなんですけどね。ミシュランは『そんなことない』って言うんですが、僕はそう思うんですよ。操縦していて何か違う手応えがあるってことは、つまり、何かが変わったってことでしょ。ミシュランは否定するんだから、何がどうなってるのか突き止めていかないと。このタイヤでホンダやドゥカティが上手く行ってるなら、うちの問題ですからね。」

(2017年10月15日『Gpone』記事参照)


ロッシ選手の痛み止めとかの治療関係、親指ブレーキの話とかは、note無料閲覧でどうぞ!

至急解明ぃぃね!

Ad & Relation Links

, , ,

9 Responses to ロッシ『ミシュランは同じタイヤだと言うが、僕は違うと思う』2017もてぎGP

  1. TTSY 2017年10月16日 at 1:53 AM #

    ヴァレの転倒、残念で仕方がないけど、骨折に影響がなくて一安心。
    しかしこれでヴィニャーより上位でシーズン終える可能性は…。

    ペドロサのリタイアの原因は何だったんでしょうね?
    正直ヴァレには最低限ペドロサよりは上位でシーズン終えてほしいので、二人ともリタイアのこの結果は複雑ですが…。

    しかしドヴィが勝って本当によかった!嬉しい!
    本当におめでとう!このままタイトル取ってほしい!
    ドヴィやペドロサって誰しもが応援、祝福したくなるような人徳がありますよね。

  2. ろっしむら 2017年10月16日 at 2:07 AM #

    ロッシに限らず、ミシュランタイヤに関しては時々コメントしてる選手いるように思います。
    この間はクラッチローがしてましたっけ?

    ワンメイクタイヤなんだからマシンをタイヤに上手く合わせて作るのがセオリーかもしれませんが、
    それにしたって滑った転んだが多いような気もします…
    下手をすれば命に関わることにもなりかねないので、原因が何にあるにせよ早く解決してくれたらいいんですがねぇ…

  3. 掘兵 2017年10月16日 at 10:52 AM #

    「去年に比べ、リアタイヤのカーカスが柔らかくなったように思えるんです・・・」

    流石ですねw

    基本的に柔らかいのがミシュランの特性(DNA)だと思う?
    BSと根本的に違うところと思います。

    空気が減ったタイヤで走ってる感じではないでしょうか?w

    • 掘兵 2017年10月18日 at 10:14 AM #

      何れにしても・・・
      16.5インチから17インチになった過程で
      柔らかめの判断になってる可能性はありますが
      M1には合わないって事だと思います?
      対してドカ等のV4には合っている?又は影響が少ない?
      って事ではないかと・・・

  4. へも 2017年10月16日 at 11:57 AM #

    ホンダはマルケス以外の二人(ダニとカル)はけっしてうまくいってるとは言えないわけだし。マルケスが特別って感じなんでしょうね。ただドカはうまく行ってるって感じですね。優勝したドビもそうだけど6位という地味な位置でゴールしたロレンソ。彼も一回9位だかまで落ちてビニャにもだいぶはなされていたんだけど、終盤で他の選手が落ちてる中でどんどん抜いて行きリンスに迫る感じでの6位まであがったんですよね。ロレンソは以前にもそういうレースがあったんだけど、ドカはタイヤの持ちがいい仕上がりになりやすいのかもって思いました。ヤマハに関しては昨年型に乗ってるザルコだけでなくいきなり乗った野佐根も転倒しちゃったけどいい走りをしてるわけだから、今年のバイクの問題が大きいのでしょうね。

  5. 宗一郎さん 2017年10月16日 at 7:50 PM #

    これまでロッシはタイヤについてのコメントに慎重でしたが、タイトルの可能性が潰えたところで
    やっと口を開きましたね。シーズン当初にフロントタイヤについての問題提起はありましたが、
    あれは今回のコメントとは本質的に異なるものと思います。

    BS時代はタイヤに関する意見が自由に発信されてきましたが、ミシュランに替わって以降、
    いつの間にかタイヤについて皆が口を噤むようになった事をとても残念に思っています。
    放送でも最近はレース後のタイヤの状態をパルクフェルメで全く映さなくなってしまいました。

    有名なガイドブックで自由に他者を論評しているミシュランが、自らへの論評は許さないような
    態度を取っているのだとしたら問題ですね。

  6. bansan 2017年10月17日 at 1:08 PM #

    moto gpクラスのレースが始まった当初はワンメイクタイヤではなかったのですが、タイヤを供給するのはミシュランだけでした。後にブリヂストンも供給を開始し徐々に性能を上げ、あるシーズン完全にブリヂストンの方が有利になり、あろうことかシーズン途中でロッシ選手はタイヤをミシュランからブリヂストンに変更してしまい、結局moto gpクラスのタイヤはブリヂストンのワンメイクになりました。
    当時のタイヤ戦争を知る現役moto gpライダーは少くなくなりましたが、まさかミシュランとロッシ選手の間に当時の遺恨が残ってる・・なんてことは考え過ぎですよね

    • さりえり 2017年10月18日 at 7:23 AM #

      当時を知っていたら、シーズン中にタイヤメーカー変更したのはペドロサでは?

  7. uhyohyohyo 2017年10月18日 at 12:13 AM #

    ミシュランはレースをコントロールしてる、多分賭け事でもしてるんだろう。
    お金の力でブリジストンを撤退させて返り咲いてるからね。

コメントを残す

 

Top