MotoGP

ロレンソ『転倒の恐怖を10%ほど抱えている』2019シルバーストンGP

『ロレンソ:転倒の恐怖を10%ほど抱えている』

★8月24日(土)、シルヴァーストンGP予選でホルヘ・ロレンソ(ホンダファクトリー)が21位だった。なお、FP総合22位(最下位)で予選1では11位だった。

★ロレンソ選手のコメント。

「これほど下位になるのに慣れてなくて…当然、ちょっとがっかりしてるけど、でも、一番重要なのは焦らないことだから。今日みたいな日にリスクを負うなんて馬鹿げてるでしょ。
身体が耐えうる限りのベストは尽くすよう頑張りました。あれ以上は無理ですね。転倒の恐怖を10%ほど抱えてるってことは否定しません。でも、90%は身体のコンディション次第だから。」

【レースに向けては?】
「かなり難しいものになるでしょう。今の僕には、レースに出るのはリスクだから。まぁ、出走する度にリスクではあるんですけどね。今日は体中が痛いんですよ。特にブレーキングと方向転換の時が酷いですね。
レースは22周回なわけだから、僕にとっては最難関の試練でしょ。遅い方の集団に入って走ることになるでしょうね。目標は完走することです。」

★なお、金曜日に比べ、今日はセッションが終わるごとに炎症や痛みが増している。

★今回はマシンに乗った際の感触を探ることが目的なので、順位はまったく重視していないとのこと。


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ダッリーニャさんがロレンソ再獲得を画策した話については有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. エル より:

    焦らないで頑張ってほしい。

  2. Buell より:

    コーナーリングがウエット路面でも走っていつかのような格好だったが・・・。
    かなり重症なのでは。

  3. maxtu より:

    恐怖を感じながらも走らなきゃならんとは改めて厳しい仕事だね
    恐怖の%が上がっていけば引退もチラつくんだろうけど、今回は周回遅れも覚悟して自らとの戦いに勝つ事が1番

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP