クラッチロー『言い訳なし、操縦がイマイチだったことはわかってる』2017オーストリアGP

Pocket

『クラッチロー:言い訳なし、操縦がイマイチだったことはわかってる』

motoGP-Austria-gara-Crutchlow-2017.jpg


★8月13日(日)オーストリア決勝戦をカル・クラッチロー(ホンダLCR)がグリッド9位からスタートし、15位で終えた。

★クラッチロー選手のコメント。

「フロントをハードにしたのは、自分には合ってたと思いますよ。ただ、レース中、苦戦してたけどね。しかし、15位ってのはがっかりでしょ。去年はライドスルーだったけど(※ジャンプスタートによるペナルティ)、今日よりはポイントが取れてたから。(※実際は去年も15位)。
今週末は満足いくようなセッティングが見つからなくて…ただ、一番の問題は6周回で12秒もロスしちまったことでね。3回もコースアウトして、スタートでも邪魔されて。やっと、一人で走れるようになったと思ったのはレース終盤で、リズムは良かったのにね。
言い訳はなしっすよ。今週末、操縦がイマイチだったことは分かってるんで。ただ、今日はトップ8以内には入れてたと思ってますよ。とにかく、またトラックに降りて、仕切り直しをしたくてウズウズしますね。次がシルヴァーストンって言うのが良いっすよ。ホームレースはいつだって良いもんだから。がっかりレースが2回続いた後は特にね。」

(2017年08月06日『Motogramprix』記事参照)


It's started already. Loves bikes 🙈. Noises all day long …, and night. Got the backshift perfect !

Cal Crutchlowさん(@calcrutchlow)がシェアした投稿 –


ウィローちゃんは可愛いさかりなんですけどねぇ。

目に入れても痛くないいね

Ad & Relation Links

, , ,

One Response to クラッチロー『言い訳なし、操縦がイマイチだったことはわかってる』2017オーストリアGP

  1. 半世紀 2017年8月17日 at 6:33 PM #

    ドクターの次に好きなライダーです!
    サテライトの制約の中で自分の持てる能力を全て使って魅せてくれている印象です。
    出来る事ならばサードライダーでワークスマシンに乗る姿を見たいのは僕だけでしょうか?

コメントを残す

 

Top