MotoGP

2018 シルバーストンGP【モトGP:予選リザルト&トピックス】

jorge-lorenzo-ducati-team-andr.jpg

『2018 シルバーストン モトGP 予選トピックス』

★8月25日(土)、シルバーストン戦(第12戦目) モトGPクラスの予選が行われた。

★新アスファルトながら陥没多し。

★FP4で雨が降り始めた。

★首位ホルヘ・ロレンソ(ドゥカティファクター)。今シーズン2回目のPP。キャリア41回目のPP。
ロレンソ選手のコメント。
「こんなコンディションの中、戦闘力を上げることができました。最後のタイムアタックに向けてタイヤ温存のため何周か減速しました。今回のリザルトには大満足と言っていいでしょうね。
もちろん、明日のレースがウェットになることに備え、注意していかないと。」

チームメイトのアンドレア・ドヴィツィオーゾは2位。
ドヴィツィオーゾ選手のコメント。
「前に居るってことが重要だから。ドライでは速いんですが、ウェットだと何とも言えないですね。あいにく、今日はボックス待機が長かったから、またトラックに出て、すぐにプッシュするのは簡単なことじゃないんですよ。」

ドゥカティが予選で1/2位を独占するのは2006年ムジェッロ以来ひさしぶりのこと。

★3位ヨハン・ザルコ(ヤマハテック3)。ヤマハ勢トップ。サプライズ。
チームメイトのハフィス・シャーリンは23位(ルーキー、最下位)。予選1で13位。

★4位カル・クラッチロー(ホンダLCR)。2020年までホンダHRCと契約更改したばかり。ホームレース。
チームメイトのタカアキ・ナカガミは19位。予選1で9位。

★5位マルク・マルケス(ホンダファクトリー)。
チームメイトのダニ・ペドロサは16位。予選1で6位。

★6位ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ・プラマック、GP18機)。
チームメイトのジャック・ミラーは9位(GP17機)。最後のタイムアタックはスリックタイヤで賭けに出たが上手くいかなかった。

★7位アンドレア・イアンノーネ(スズキファクトリー)。
チームメイトのアレックス・リンスは10位。予選1を2位で通過。

★8位ブラッドリー・スミス(KTMファクトリー)。予選1を首位で通過。ホームレース。
チームメイトのローリス・バズは18位(予選1で8位、ポル・エスパルガロ代役)。事前テストなしのぶっつけ本番。FP総合23位。

★11位マーヴェリック・ヴィニャーレス(ヤマハファクトリー)。ドライは好調だった。
チームメイトのヴァレンティーノ・ロッシは12位。ボックスに帰還し、マシンを乗り換え、最後のタイムアタックに挑んだものの、新タイヤが装着されていなかった。タイヤを交換して出走したものの時間切れとなった。以前、フィリップアイランドでも似たようなことがあった。

★13位フランコ・モルビデッリ(ホンダ・マークVDS、ルーキー、VR46ライダーズアカデミー、予選1で3位)。
チームメイトのトーマス・ルーティは15位(予選1で5位)。来季はモト2降格。

★14位スコット・レディング(アプリリアファクトリー・グレジーニ、予選1で4位)。ホームレース。
チームメイトのアレイシ・エスパルガロは17位(予選1で7位)。

★21位アルヴァロ・バウティスタ(ドゥカティ・アンヘル・ニエト、予選1で11位)。来季はSBK移籍

★FP4ではティト・ラバが転倒によりヘリコプターで病院へ緊急搬送され、同ヘリコプターが帰還するまでレッドフラッグによりセッションが中断され、当初は現地時間14時35分開始のはずが、結局、15時30分開始となった。

★ラバト選手は腓骨/脛骨/大腿骨を骨折。

(2018年8月25日『Gpone』記事参照)
(2018年8月25日『Motorspot.com』記事参照)


『2018 シルバーストン モトGP 予選2リザルト』

motogp-qp2-2018silver.jpg


『2018 シルバーストン モトGP 予選1リザルト』

motogp-qp1-2018silver.jpg


『2018 シルバーストン モトGP FP4リザルト』

motogp-fp4-2018silver.jpg


【VR46オーストリアGPこぼれ話】[2018年8月22日発行 Vol. 200] 無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B075JD83NG” locale=”JP” title=”KUNGFU GRAPHICS カンフー グラフィックス DUCATI ドゥカティ レーシングスポンサーロゴ マイクロデカールシート(ホワイト)”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. kents より:

    荒れたコンディションでしたが白熱した予選でしたねぇ。
    ホルヘはタイヤ変えずに何周か回ってたからいつ入るのかと思っていたら突然の最速ラップでビックリ。
    ヤマハファクトリーは残念な結果になってしまいましたね。
    ラバトも重症で心配ですが、複数ライダーのコメントに陥没が酷いとあるから水溜りヤバそうですね。

  2. SL より:

    ザルコはこういうコンディション本当にうまいなぁ。去年のアッセン、モテギでのPPもそうだったし、全くサプライズではないかと!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP