MotoGP

バウティスタ『2019年はドゥカティでSBKに出る』2018シルバーストンGP

『バウティスタ:3戦目にはもうシートはなくなっていた』

bautista.jpg


★アルヴァロ・バウティスタ(ドゥカティ・アンヘル・ニエト)が8月23日(木)、シルヴァーストンGP会見で、2019年は『ドゥカティ・アルバ』チームよりスーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦することを発表した。

★バウティスタ選手はドゥカティと1年契約を交わした。

★なお、バウティスタ選手はマルコ・メランドリ後任である。

★バウティスタ選手のコメント。

「将来について大勢から訊かれて…僕としてはモトGP残留を考えてたんですよ。ただ、今年は特殊なシーズンで、序盤3戦が終わった時点で、もうシートは残ってなかったんです。
残念ながら、僕のパフォーマンスも期待していたようなものにはならず…状況が好転してきて、真の実力を発揮することはできたんですが、もうモトGPにはシートが残っていませんでした。」

【そして、2019年は…】
「モト2とSBKの方からオファーが来てたし、僕自身もまだまだやれるって思えたんで、このまま現役を続けたいと思ってました。
ロードレース世界選手権に16年参戦してきましたが、アルバチームでやってみることにしましたよ。物凄い挑戦だけど、ドゥカティのことは信頼してますから…僕らは強いですよ。
しかも、いまやSBKは絶賛成長中でしょ。早く始めたくって、ウズウズしてるんですよ。」

【今年のライダー契約交渉は本当に早かったが…】
「何年も前なら、まず1つのクラスでタイトルを取るなり、レース優勝を何度もするなりして初めて次のクラスに上がったものだけど、今はマネージャー陣がとにかく早く物事を進めるから。賢明なこととは思えませんけどね。
でも、まぁ、そう言う風潮になってしまったのだし、とにかく、先に目を向けなければ。SBKでも楽しめるって思ってますから。」

【テストライダーと言う選択肢もあったようだが…】
「今のところはSBK参戦と言う話であって、テストライダーの件は話し合ってません。今後、そう言う話もするでしょうけどね。
新『V4』機(※2019年よりドゥカティSBKが使用)のテストに関しても同様です。できるだけ早く乗ってみたいです。開幕戦までに仕上げられるようにね。」

(2018年08月23日『Gpone』記事参照)


モルビデッリ/バニャイア/マリーニ/ベッツェッキ選手らのVR46オーストリアGPこぼれ話は無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B01FSH1LE8″ locale=”JP” title=”ALVARO BAUTISTA(アルバロ・バウティスタ) motoGP 正規輸入品 SMALLステッカー AB-UST-71303-U”]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP