Moto3 category

2019 ムジェッロGP【モト3:決勝リザルト&トピックス】



『2019 ムジェッロ モト3 決勝トピックス』

★6月2日(日)、ムジェッロ戦 モト3クラスの決勝が行われた。

★総合順位は以下の通り。
首位カネ(83ポイント)、2位ダッラ・ポルタ(80ポイント)、3位アントネッリ(70ポイント)、4位マシア(65ポイント)、5位ヴィエッティ(52ポイント)、6位アルボリーノ(51ポイント)

★首位トニー・アルボリーノ(ホンダ、スナイパーズ)。ホームレース。初優勝。ポール・トゥ・ウィン。
アルボリーの選手のコメント。
「子供の頃からムジェッロはホームですから。表彰台には上がれるかなぁ〜と思ってたけど、まさか優勝できるとは。トレーニングのおかげで、伸びてこれました。アルゼンチン戦以降、考え方を変えてみたんです。今はこの優勝を満喫したいですね。」
チームメイトのロマーノ・フェナーティは転倒リタイヤ(昨年はモト2参戦)。ミーニョ選手と一緒に転倒。

★2位ロレンツォ・ダッラ・ポルタ(ホンダ、レオパード)。
ダッラ・ポルタ選手のコメント。
「チームが本当に良い仕事をしてくれて、感謝してます。今日は優勝できたらと思ってたんですが…マシンはかなりスピードが出ていたんで。でも、残念ながら最終ラップではタイヤが終わってました。
カタールと同じ2位ですが、とにかく好リザルトですからね。このマシンでタイトルを争っていけますよ。」
チームメイトのマルコス・ラミレスはリタイヤ。

★3位ジャウメ・マシア(KTM、Bester Capital Dubai)。
マシア選手のコメント。
「物凄いレースで、僕も最大プッシュをしました。直線コースで抜くのは無理だったし、序盤で2回ミスをしたんでトップグループに追いつくのにプッシュしなければならなくって…それで、もうヘロヘロになってしまいました。ここでは、その辺を改善していかないと。表彰台はタイトル争いには重要ですしね。」
チームメイトのアンドレア・ミーニョは転倒リタイヤ(VR46ライダーズアカデミー)。フェナーティ選手と一緒に転倒。

★4位ニッコロー・アントネッリキ(ホンダ、SIC58、VR46ライダーズアカデミー)。グリッド18位スタートから追い上げた。
チームメイトのタツキ・スズは8位。

★5位デニス・フォッジャ(KTM、VR46)。
チームメイトのチェレスティーノ・ヴィエッティは9位(ルーキー)。

★6位ジョン・マクフィ(ホンダ、ペトロナス・スプリンタ)。
チームメイトのアユム・ササキは転倒リタイヤ。トバ選手と一緒に転倒。

★7位アロン・カネ(KTM、マックス・レーシング、総合首位)。マックス・ビアッジチーム。

★10位ダリン・ビンダー(KTM、CIP、ブラッド弟)。

★11位ラウル・フェルナンデス(KTM、アンヘル・ニエト)。
チームメイトのアルベルト・アレーナスは12位。

★13位セルジオ・ガルシア(ホンダ、エストレージャ・ガリシア、ルーキー)。
チームメイトのアロンソ・ロペスは転倒リタイヤ。
ワイルドカードのリュウセイ・ヤマナカは17位。

★16位ゲリー・サリム(ホンダ、ホンダチーム・アジア、アイ・オグラ代役)。
チームメイトのカイト・トバは転倒リタイヤ。ササキ選手と一緒に転倒。

★18位ジャン・オンジュー(KTM、KTMアジョ、ルーキー)。

★カズキ・マサキは転倒リタイヤ(KTM、BOE Skull Rider Mugen Race)。

★ケヴィン・ザンノーニはサン・ドナートコーナーで転倒リタイヤ(TM、RGR TM Official Team)。ワイルドカード参戦。2018年、イタリア選手権(CIV)で総合首位。

★ガブリエレ・ロドリーゴは序盤、上位グループで走行中に第3コーナーでスリップ転倒。

『2019 ムジェッロ モト3 決勝リザルト』



『2019 ムジェッロ モト3 総合順位』



(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP HD』)

POSTED COMMENT

  1. zep より:

    今日もタツキは積極的にトップグループで存在感を出してましたね。
    残り2周のところで先頭に立ったときには、見ている人全てが「まだ早ーい!!」と思ったことでしょう。
    案の定、ラストラップになる直線でバチボコに抜かれまくって順位を落としちゃって。

    でも今日はフィニッシュできたので良かったです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP