MotoGP

ザルコ後任:ペドロサにKTMがオファー

『ザルコ後任:ペドロサにKTMがオファー』

★8月12日(月)、ヨハン・ザルコが今シーズン末にKTMより離脱することが公表された。

★KTMはザルコ後任として、ダニ・ペドロサ(KTMテストライダー)にオファーを出した模様。

★ペドロサテストライダーは2018年末に引退した際、今後、レース復帰はないと明言していたが、緊急事態となった今、KTMが再度オファーを出している模様。

★ヒューバート・トゥルンケンポルツ氏(KTM取締役員、KTM創設者ハンス・トゥルンケンポルツの甥の息子)のコメント。

「ただ、ダニはテストライダーとして契約していて、レースには出ないと明記してますから。
いずれにせよ、こちらからは再度オファーを出してみますけどね。新たな展開となってしまい、ペドロサに頼むのがもっとも理にかなっているわけだし。
ただ、最終的に決めるのは本人ですから。どう言う回答であっても、我々は受け入れますよ。」

★ペドロサテストライダーは『 Servus TV』のインタビューで、次のように答えた。

「こう言う状況になってしまい、とにかく、ヨハン(ザルコ)が気の毒で。そこまで落ち込んでしまい、もうギブアップするしかなかったわけでしょ。ザルコのことは本当に高く評価してるんです…ビッグライダーですからね。
ただ、今のところ、僕としてはどう対応していいものやら…KTMからは、このままテストを続けていくよう指示されてますしね。今後、僕はそう言うことを担当していくものだと思ってるんですが。
レース参戦していた頃に比べ、今は本当にリラックスできてるんですよ。ああ言うプレッシャーはもうありませんから。
今はテストに集中し、レースのことを気にする必要はないんで。今のところ、僕の予定はそう言う感じです。」

★KTMは2020年に向け、ザルコ後任を探さなければならないが、有力候補だったジャック・ミラーはプラマックとの契約更改がほぼ確定しており、また、アレックス・マルケス(モト2)もマークVDSと契約更改を済ませたばかりである。

★ザルコ選手が2019年シーズン中に離脱していたら、後任はミカ・カリオ(KTMテストライダー)だった模様。

(参照サイト google 翻訳:『Motoblog.it』)


KTMのモトGP機はいまだ進むべき方向が定まっていないって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. gsax3 より:

    テストもある(KTMは参加するのかな?)ミザノ戦か,半地元のアラゴン戦にワイルドカードで様子見かな?
    結果次第ではひょっとして・・・

    なんでもいいから観てみたい.

  2. maxtu より:

    当然ながら本人が望むならレース参戦も期待しますが周囲の人々は決して無理強い、結論を急かさないで欲しい

    一度現役を退いてモチベーションが切れた人にとってはGPはリスクが高過ぎる
    今年も怪我を引きずった状態で満足にテストも出来てないのだし

  3. まぁ より:

    うわ!
    一年だけの復帰でもいいから走ってくれないかな?
    引退した後はのんびり過ごして欲しいと思っていたけど、やっぱりダニがいないのは寂しかったから。
    無理強いとかは嫌だけど、ダニが走っても良いかな?って思ったなら…。

  4. ジージ より:

    怪我完治してないだろうし、後遺症も有る?
    どうやって走らせてレースするか観てみたいけど、ダニも思いの外、頑固だと聞くし無理なんだろうなぁ。

  5. ミル より:

    ザルコは選択ミスばかりしている
    ここはKTMに残って最後までがんばるべきなのに

    お金につられてきたのなら最後まで残って
    お金をもらえばいいものを。
    途中で破棄なら違約金が生じるわけで。

    さらにキャリアが宙に浮くとか。
    どこまでバカなんだろうか。

  6. 与潘笊子 より:

    まぁ、KTMのことだから、そんな気はしていたよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP