MotoGP

ロッシ『ブルノまでは遅くて辛かった』2019シルバーストンGP

『ロッシ:ブルノまでは遅くて辛かった』

★8月24日(土)、シルヴァーストンGP予選でヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が2位だった。なお、FP総合2位で予選2へダイレクト進出した。

★ファーストローは今年のオースティン戦以来ひさしぶり。

★ロッシ選手のコメント。

「いやぁ、もう、本当に嬉しいですよ。僕としては、ここ何年間かの最高ファーストローですね。」

【良いタイミングで獲得できた?】
「今シーズン中盤は強い走りができると思ってたんですよ…大好きなムジェッロやアッセンがあったんでね。ところが、僕、遅かったでしょ。
他のヤマハ勢の戦闘力は高かったのに。ヴィニャーレスはアッセンで優勝してたし、クアルタラローなんか常に速いのに、僕はそうはならなかったんですよね。」

【今日はその2人よリ速かったわけで…】
「今シーズン、これほど戦闘力が高いと感じたのはオースティンだけですね。明日は最初から準備万端にしておかないと。表彰台争いができると良いんですけどねぇ…とにかく、接近していければねぇ。」

【夏季休暇前は落ち込んでた?】
「けっこう辛かったですね。もちろん、楽観的にかまえてサーキット入りはするんだけど、ヴィニャーレスやクアルタラローが強い走りをしてるってのに、僕は上手く操縦ができなかったから。
ブルノ以降、これは自分のマシンなんだって感覚を取り戻して、徐々に良くなってきてるんですよ。この年になると、戦闘力を上げられずにレースで楽しめないと何かとヘビーになってしまってね。」

【引退の噂まで飛び交いだしてしまって…】
「今日は、それはないでしょ。おかげで他のことを考える時間が取れますよ(笑)。この年になると、不調が3戦続けば、もう年寄りだとか、引退した方が良いって言われますからね。
そう思うと、余計嬉しいですよ。まだまだ高い戦闘力で行けるって分かってね。ただ、重要なのは明日の方ですけどね。」

【どうしたらモチベーションを維持し続けられるの?】
「マシンの乗り心地に依りますね。今も言ったとおり、好みのトラックでレースがあった頃はちょっと道に迷ってしまってたから。
ロレンソを見れば一目瞭然でしょ…現在のモトGPでは100%の状態でなければ、あっと言う間に18位とかになってしまうんですよ。」

【今回、なぜこれほど戦闘力が上がったの?】
「まず第一に、うちはマシンのセッティングで問題を抱えてたんですよ。それがブルノで大きく変更を加えてみたんです…ブレーキングとコーナー進入で切れのある動きができなかったんでね。通常、その2つは僕の強みだって言うのに。」

【それで、その変更を加えてみたら?】
「マシンの動きが賢くなったんです。そう言うのを2年半も前から頼んでたんですよね…加速とタイヤの保ちについてね。まぁ、ずっと回答待ちで来たわけなんだけど。
ところが2ヶ月ぐらい前から、その辺が変わりだしたんですよ。今後のレースに向けても、来年に向けても、改善していけるでしょうね。」

【つまり、現在の作業はすべて2020年に向けてと言うこと?】
「まずは明日のレースのためだし、次はミザノで…とにかく、まだまだレースは残ってるんだし、あと総合3位争いもあるから。それほど引き離されてはいませんからね。
来年のことはそれからですよ。まだまだ改善の必要があるんだから。マルケスやドヴィツィオーゾとのギャップはまだまだ大きく、レースでは7〜8秒離されてますからね。
うちのトップスピード、最低でも時速10kmは落ちるから。その辺の差を埋めるところから始めていかないと。」

【明日は優勝も可能?】
「さぁ、どうでしょうね。表彰台争いの候補者はかなりいるだろうから。理屈からすると、マルケスとクアルタラローが最速でしょ。あの2人に喰い付いて、2017年の時みたいな良いレースをしたいんですよ。」

【2017年もマルケス選手がPPで、ロッシ選手が2位スタートだったが…】
「そうですね。確か17周ぐらい首位を走ったらタイヤが大変なことになってしまって…ドヴィツィオーゾとヴィニャーレスが僕より速くってね。
今は作戦もなかなか決まらないもので…土曜日はアイデアがいくつか出てくるだけで、重要なのはレースで何が起きるか、マシンの感触がどんなだから。」

【マルケス選手を抑えたい気持ちもある?】
「それをやるには、とにかく最速じゃないことにはねぇ。あいにく、いまだトップスピードで苦戦しているし、そのせいでオーバーテイクが難しくなってるんですよ。
もしかしたら集団戦になるかもしれないし…顔ぶれはマルケス、クアルタラロー、ヴィニャーレス、リンス、ドヴィツィオーゾ、クラッチロー、ミラーってところでしょ。全員、好ペースだから。
とにかく、今回は大勢いるんですよ。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ロッシ選手、オーストリア戦ではタイヤで苦労してたって話は有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. レース好き より:

    ヴァレンティーノ・ロッシ40歳。愛すべきバイクばか。。

    年齢がなにか?速ければ文句ないだろう?

    決勝もそんな姿が見たい、やっぱ凄いライダーだわ。。

  2. kai より:

    長いトンネルの出口は見えたのでしょうか!?決勝では数台でのトップ争いを見たいですね。

  3. 半世紀 より:

    コメントの様子から論理性に裏付けられた進歩があったという感じです。来シーズンではなく後半でのポディウム争いを期待してます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP