MotoGP

ロレンソ『ホンダがマルケスに従うのは当然のこと』2019ブリーラムGP

『ロレンソ:ホンダがマルケスに従うのは当然のこと』

★ホルヘ・ロレンソ(ホンダファクトリー)が『Motogp.com』のインタビューで、次のように語った。

「ホンダ機2018年版を試した時は良い乗り心地だったんですが、2019年版に乗ったらエンジン馬力がありすぎて…あと、コーナーで何か上手くいかない点があったんですよ。
マルク(マルケス)はあの馬力を利点にすることができるけど、僕やカル(クラッチロー)など他の選手は古いマシンよりも苦戦してしまうんです。
ただ、マルクがそれで勝っていて、そう言うマシン特性が希望なのだろうし…。
ホンダは勝利ライダーに追従しているわけで…それは至極当然のことだから。他のライダーはその方向性に従ってマシンを操縦していくべきなんであってね。
僕にとってはベストな状況ではないけれど、とにかく、そうしなければならないんです。」

【マルケス選手とはスタイルが間逆なうえに、ケガも重なってしまい…】
「僕もチームも、もっと好結果が出てくれるものと期待してたんです。ただ、戦闘力がちょっと上がってきたと思ったら、アッセンで転倒してしまい諸々がさらに悪い方向に行ってしまって。
あの転倒がなければ、今の100倍は上手く行ってたでしょうね。3ヶ月も休んでいたら覚えたことは全て忘れてしまい、諸々についてゼロから始めなければならないものでしょ。
どう操縦すべきか、ゼロから身につけていかなければならないんですよ。」

【復帰した時はどうだった?】
「シルヴァーストンで復帰した時はキツかったですね。ミザノは多少良くなったけど、いまだトップ陣からは遥かに遠いし。
万全の状態でホンダ機に乗ったことが一度もないんですよ。多分、アッセンでは90%ぐらいまでは仕上がっていたけど、フロントの信頼感がイマイチで実力が発揮しきれない時にモトGP機で戦闘力を上げていくのは至難の業だから。」

【今後はどう立ち向かっていく?】
「僕は競争するのが好きだし、自分自身を試すのも好きなんですよ。優勝や表彰台争いに加わっていけるとは思わないけど、トップ陣とのギャップを縮めていけたら満足です。
現実的に考えるようにしなければね。今は優勝なんて無理なのだから。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)


ロレンソ選手が復活するためのキーポイントについては有料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 74SHOJIRO より:

    マルケスが希望したのか?

    単に、乗りこなしているだけなのか?

  2. すぱおー より:

    マルケスもクラッチローも望んでた先ずはストレートスピードと馬力を付けた結果ですからなぁ

  3. AC10 より:

    あえてスクリーマーを選んだドゥーハンみたいなもんかな?

  4. とり より:

    チームメイトがこうもハッキリ割り切ったら、
    もう外野がどうこう言う余地無しでは?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP