MotoGP

ペドロサ、ワイルドカード参戦の可能性が急浮上!

『ペドロサ、ワイルドカード参戦の可能性が急浮上!』

★ダニ・ペドロサは2018年末にモトGPを引退し、2019年よりKTMファクトリーのテストライダーに就任、マシン開発に大きく貢献している。

★ペドロサ元選手は昨年、ワイルドカード参戦の可能性を常に完全否定していた。

★ペドロサ元選手が、最近、次のように語った。

「(ワイルドカード参戦が)開発プロジェクトにとって有用と判断されたならば、話し合いの余地はあるでしょうね。」

【ホルヘ・ロレンソもバルセロナGPにワイルドカード参戦する予定だが…】
「僕とは状況がかなり違うでしょう。ホルヘがどんな理由で参戦するのかは知りませんけど…本人の問題なのか、それとも何かのテストなのか、もしくはその両方とかね。レースに出れば、ファンの皆さんにとっては嬉しいことでしょうけどね。
今、うちは各パーツのテストをしているんですが、レースに出て試す段階ではないんですよね。」

【ロレンソ元選手と言えば、2008年にモトGPデビューし、タイトル争いのライバルになっていったが…】
「当初は、ライバル関係が凄まじかったですね。おかげで成長できたし、互いのモチベーションも上がりました。
その後、時間が経つに連れて自分も大人になっていき、ライバルがやってることって言うのは、本当に物凄いことなんだって理解できるようになって。敬意の気持ちとか、讃えようって気持ちが高まってくんですよね。」

【2013年からマルク・マルケスとチームを組んでいたが…】
「チャンピオンになれる性格だし、あらゆるコンディションにおいて上手いんですよ。ウェットにしろ、低温/高温にしろ。
誰にでも弱点ってあるじゃないですか。ところが、マルクの場合は人より優勢で、多くのレースで勝てるんです。」


(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


なぜペドロサはホンダのテストライダーにならなかったのか?って話は有料『note』で!!

created by Rinker
¥345
(2020/07/13 03:23:47時点 楽天市場調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. 851 より:

    「開発プロジェクトにとって有用と判断されたならば」というところがいかにも彼らしいと思いますが、見る側としては単純に楽しみです。今年中に実現すれば万々歳なのですが。

  2. gsax3 より:

    OH!いいニュース.
    西欧のひとたちを元気づけるためにも,ぜひ.

  3. チャオ より:

    >「当初は、ライバル関係がまじかったですね。

    管理人さん、いつも興味深いネタありがとうございます。
    ↑のの翻訳はちょっとオカシイのでしょうか?それとも
    まじかったで正しいのでしょうか^^;もしや、凄まじかったなのかな?

    • La Chirico より:

      ありゃりゃりゃりゃ〜
      『凄まじかった』が正解です。なんで消えちゃったんでしょうねぇ…

      とにかく、直しておきました。有難うございますネ❤

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP