MotoE

大久保光、チーム・アジョからモトE参戦

『大久保光、チーム・アジョからモトE参戦』

ヒカリ・オオクボ(27才)が2021年、チーム・アジョからモトEクラスに参戦することが公表された。

★オオクボ選手は2010年に全日本ロードレース選手権のJ-GP3クラスでチャンピオンとなり、2016年よりスーパースポーツ世界選手権に参戦していた。

★オオクボ選手のコメント。

「『Avant Ajo MotoE』チームの一員となれたことを大変嬉しく思っています。これまで多くの日本人ライダーが同チームの代表を務めてきており、チームとして常に敬意の気持ちで見つめてきました。
共に良いレースをしていけることと思っています。モトEクラスに参戦するアジア系ライダー第一号となるわけで、非常に重要な一歩だと思いつつ、好リザルトを出していければと思っています。
今シーズンは僕個人にとって大きな節目であり、なおかつ、アジア系ライダーの新たな世代にとっての挑戦にもなることでしょう。
タイトル獲得を目指して始動できる日が楽しみでなりません。もし獲得できたなら、夢の実現となるでしょう。大きな結果を出せるようなポテンシャルはあるわけですから、今年は毎レースで全力を尽くしていく気持ちです。」

★アキ・アジョ氏(チームマネージャー)のコメント。

「モトEクラス参戦3年目をヒカリ・オオクボで始動でき、大変嬉しく思っています。また、年々、同選手権が成長・拡大していくのにも満足しています。
ヒカリ・オオクボはこれまでスーパースポーツ世界選手権に参戦してきた経験豊かなライダーであり、うちのマシンにも上手く適応していってくれることでしょう。
私もチームも、今年、一緒に作業を着手していく日を楽しみにしております。」


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Instagram

ドゥカティ内の確執については、note『ドヴィツィオーゾ:ダッリーニャとの確執、ペトルッチと和解したのか?』でどうぞ!

POSTED COMMENT

  1. もっきー より:

    これまであまり注目してなかったけど、日本人ライダーが出るとなればMotoEも盛り上がるかな

  2. POP84 より:

    SBKのSS600にフル参戦していてもここで取り上げられない立ち位置の選手だったね
    模型雑誌のコラムが情報源だったよ…

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP