MotoGP

ドヴィツィオーゾ語る『ペドロサは良い人、ロッシはいつも主役』

『ドヴィツィオーゾ語る:ペドロサは良い人、ロッシはいつも主役』

★アンドレア・ドヴィツィオーゾ(34才)が昨年のクリスマス直前、『DAZN』のインタビューで次のように話した。

[ 前編はこちら ]

【ダニ・ペドロサについては?】
「ペドロサは本当に良い人なんですよ。もの凄い才能の持ち主で、誰もが使えるようなライディングスタイルを編み出したライダーなんですよね。体格的にハンデがあり、あの身長のせいで、どちらかと言えば、悪い影響を受けてしまっていたわけでしょ。ところが、迷いのない走りをしている時は無敵なんですよ。
浮き沈みがあり、不運のせいでタイトルは取れなかったけれど、本来ならば、取って然るべきライダーですよね。」

【ヴァレンティーノ・ロッシについては?】
「ヴァレンティーノがやってきたことは、全選手にとってメリットになってますよ。(2輪レースの)注目度を上げ、興味を引きつけていたじゃないですか。
デメリットは誰も主役にはなれないと言うことですね。まず、ヴァレンティーノがいて、あとはその他大勢なんだから。
マルケスやヴァレンティーノ、ストーナー、ロレンソと言えば、何度もタイトルを取り、然るべくして勝っていたライダー達でしょう。
そして、長い間、トップレベルにいて、この4人のようなチャンピオンライダーらと渡り合い、何度も勝ちながらも、あまりタイトルを獲得できなかったライダーと言うのもいるわけです。色々な背景に依るんですよね。僕は言い訳をしたがるタイプではないけれど、でも、やはり、時には運も必要なんですよ。」

【自分自身については?】
「僕のレースの進め方のせいで、僕の戦闘力は実際よりも低く見られがちでした…僕は常にひっそりとポイントを稼いでいたから。
常に上位にはいたものの、優勝するとか華々しい活躍でもしない限り、 きちんと理解していないジャーナリスト陣の目には入らないものなんですよ。
ドゥカティに入ってから僕はけっこう目立つようになったけど、ただ、僕のリザルトのすべてをマシンに関連づけるのは間違いですよね。
どうしてああ言う評価をするのか理解できないことがあって…もしマシンのおかげで有利になってるのだとしたら、他のライダーは全員、無能だってことになるじゃないですか。
僕が思うに、この数年間、まさに真のドヴィツィオーゾの姿が見えていたのだと思います。文句は言いませんけどね。」

[ 完 ]


(参照サイト:『Gpone』)
(Photo:Twitter

ドヴィvsペトルッチ選手は仲直りできたのか?って話は、note『ドヴィツィオーゾ:ダッリーニャとの確執、ペトルッチと和解したのか?』でどうぞ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP