MotoGP

ダッリーニャ『なぜ私がマルク・マルケスを選んだのか』

『ダッリーニャ:なぜ私がマルク・マルケスを選んだのか』

★6月5日午前10時30分(イタリア時間)、ドゥカティファクトリーがマルク・マルケス(ドゥカティグレジーニ)と、2年契約(2025/2026年)を交わしたことを公表した。

★同日午後2時30分、ドゥカティのジジ・ダッリーニャ氏(ゼネラルディレクター)が、イタリア衛星放送『SKY』の生中継インタビューを受けた。

★ジョヴァンニ・ザマーニ記者(『SKY』のモトGPピットレポーター)が、同インタビューを以下のように文字起こしした。
なお、当初、ザマーニ記者はダッリーニャ氏がマルケス獲得に高揚しているだろうと予想していたが、画面に映った姿はかなり疲労している様子だったとのこと。

【なぜマルティンやバスティアニーニではなく、マルケスを選んだの?】
「この数ヶ月で、マルケスならばドゥカティ機で他を引き離していけると認識したからです。
ドゥカティ機が驚異的なレベルに達していることは明白であり、それと同レベルの選手を2名揃えれば、世界タイトル獲得の可能性が高まるでしょう…我々にとっては、まさにそれが目標なのですから。
以前、マックス・ビアッジが言っていたように、二輪レースと言うのは『クラシック演奏会』のようなものではなく、いつ何が起きるか分からないのですよ。
タイトル争いができる選手を2名揃えると言うのは、現時点では最善のことだと思いますね。」
(ザマーニ感想:もっと確固とした回答をすると思っていたが、やや曖昧な感じだった。)

【貴方にとってマルケス加入は『目標達成』と言った感じ?それとも、『さらなる挑戦』?】
「目標ではないですよ…いつも通り、目標はタイトル獲得ですから。
マルケスとバニャイアを揃えることができれば、その目標を目指していけますからね…しかも、今年、ドゥカティ機に乗っている強豪選手らが、来年はライバルメーカーに移るわけですから。
来年のタイトル争いは、さらに厳しいものになるでしょう。」

【てっきりドゥカティはマルティンをファクトリーにマルケスをプラマックに入れて、両選手とも確保したいのかと思っていたが…】
「我々としては、両選手確保を目指していたのですが…それは至難の業だろうと、早々に気づきました。
とは言え、それを目標としていたし、完全に不可能だと気づくまではその方向で動いていましたけどね。
ただ、どちらか一方に集中しなければならなくなり…その点もかなり難しかったんですが、最終的にはマルケスの方にしました。」
(ザマーニ感想:つまり、両選手確保は至難の業だったと認めたわけである。そして、最初からマルケスに照準を合わせる確信もなかったと言うことなのだろう。)

【マルケスはホンダ時代にマシン開発の陣頭指揮を取っていたが、ドゥカティではどうするつもり?】
「マシン開発については、まったく心配してません…うちにはうちのフィロソフィがあり、以前から複数の選手の意見を参考にしてますから。
ドゥカティでは特定の選手に集中するのではなく、全体を見据えることでマシンの成長に付加価値をつけていけると思ってます。
むしろ、私はスポーツ面におけるマネージメントの方を心配してるんですよ…現在、ピットボックス内は実に良い雰囲気になってますから。
目標は、来年もそれを維持していくことですね。」
(ザマーニ感想:『マシン開発よりピットボックス内のマネージメントの方が問題だ』と言う言葉には同感である。)

【バニャイアの様子は?】
「ペッコは既に己の実力を証明していますからね。世界タイトルを2回取り、ドゥカティ機でもって素晴らしい走りを見せているのですから…イタリアGPでのスタートと、第2コーナーまでの走りは見事なものでしたよ。
ドゥカティの旗艦ライダーであり、我々が開幕前に契約更改をするほどの選手なのですからね。」
(ザマーニ感想:100%賛成である。現時点での最強選手だからこそ勝っているのだし、2021年後半からそう言う状態なのだ。)

[ 後半に続く ]

(参照サイト:『Moto.it』)
(参照サイト:『Corse di moto』)

created by Rinker
ダイヤモンド社
¥800
(2024/07/21 12:08:04時点 Amazon調べ-詳細)

POSTED COMMENT

  1. カカオ・アルカラムーチョ より:

    手堅くマルティンを選んだ方が良かったのでは?って思うのは、自分だけ?
    ジジさんは楽観的だけど、ドゥカティのマシン開発…心配です。

  2. 底辺 より:

    なんだか不穏な雰囲気だなぁ。

  3. ミラノマルコ より:

    やだやだやだ、ぼくワークスじゃなきゃやだー!!ほんとプロスポーツ選手としては最強のメンタリティの持ち主ですね。そうなりたいものです。政治力や根回しに嫌悪感のある私はこれからマルティンを推しまくりますw

  4. バリー#7 より:

    ペッコの願いは、受け入れられなかったわけで、ピットはギスギスするだろうな〜

    「僕にとって唯一大切なのは、現在のチームの雰囲気を乱さないで欲しいってことだけです。
    今みたいな感じになるのに何年もかかってるんで、乱さないで欲しいんですよ。」

  5. タディの星に願いを より:

    時代もカテゴリも違うけどマクラーレン・ホンダのセナプロみたいになってきたなぁ 不安の種は刺し違えても…ってことだよね

  6. nanasi より:

    最強選手4人揃えてて2人失うんだから心労大きそうですね。
    開発面はジジが手綱握れば大丈夫だろうけどマルクの強権発動でピットが分断されないかだけ心配

  7. トーヤ より:

    マルクは最強ライダーでしょ

  8. ns より:

    まあ、KTMにマルケスがいくのと、アプリリアにマルティンがいくのと、ドゥカティに打撃を与えうるのはどちらかを考えたらしょうがない決断かな
    アプリリアは確かに強くなったけど不確定要素が多いのに比べて、KTMはアコスタ&マルケスのタッグになったら充分チャンピオンマシンになりえるからなぁ

  9. としあき より:

    手堅さなんて言い出したら8回チャンピオン取ってる人取るに決まってんじゃん
    マルティンは最新型デスモセディチに4年乗って一度もチャンピオン取れなかったんだよ?

    ピット分断とかずっと言ってる人居るけど
    マルケスはロレンソ相手にもそんなことしなかったし
    むしろそれロレンソにやったのバニャイアの師匠の方でしょ…笑

    マルケスがDUCATI支配して〜とかの妄想は
    新世代の2連覇チャンピオンのバニャイアを舐めすぎ
    仲良しこよしのセカンドライダー起用はペトルッチで懲りたんだし
    そもそも候補は3人全員闘志むき出しでバニャイアと戦う気満々なの忘れてない?

    怪我してなきゃバスティアニーニは野心むき出しだったし
    マルティンは言わずもがな
    チームメイト想いの優しい優しいジャック・ミラーはとうにクビになっている
    対マルケス以外でもペッコのチームメイト意見は受け入れられたことなんかないよ

  10. テック21 より:

    ホルヘもマルケスも、最新のファクトリーバイクの供給、そしてファクトリー待遇ではなく、完全無欠なファクトリーチームに入る事を絶対条件にしており、プラマックはなし! と明言していたのでまあこれしかないよね。 ホルヘは若くて速いが、マルケスを引き込む魅力に贖える人間はそうはいない。 ホルヘがペッコを圧倒していればまた話は変わったんだろうけど、まあそうなってないので、実績と現在の力を合わせた評価でマルケスに決まったということかな。 ホルヘ、頑張れ!今年チャンピオンを取れば溜飲を下げれる!

  11. ずん より:

    ヤマハがチームで敷居立てたのは、使ってるタイヤが異なってる事に端を発していたのであって、決してロッシから言いだした事ではないのだが?

    で、BS統一後も続けたのはロッシの意向だろう

    ヤマハ昇格当初からロレンソはロッシに敵意剥き出しだったからね

    なんせ、ビアッジ大好きやったから仕方ない

    ロッシの意向ありきで分断されたような物言いは知らない人しか騙せないと思うね笑

  12. テラ より:

    てっきりマルティンのドゥカティワークス入り確定で、マルクのためにグレッシーニにもプラマックとの契約を反故にして、最新型のGP25を提供する裏技をジジさんが動くかと思いきや、衝撃のマルティンのアプリリア移籍にはぶっ飛んだ!
    やはり天才マルクの能力とそのスポンサーマネーの魅力にはドゥカティであっても、欲しかったのかな⁈
    さてモンスターエナジーとレッドブルのスポンサー問題はどうなるんでしょ?

  13. aho zeus より:

    2025Ducaファクトリー雰囲気は大きく変わるだろう
    ここ数戦既に、悪ケス顔が出てきている

  14. ダイどん より:

    政治的な動きと言うがロッシと比べたら今回のマルケスなんて可愛いもんでしょ
    ロッシは勝利のために手練手管を弄しマスコミやファンや運営を操りライバルたちを追い込んでいた
    そしてそれが許されていたのはロッシが大スターであったからで、今回のマルケスも同様に現在のMotoGP界で最高のスターだからドゥカティが無視できなかった
    マルティンは可哀そうだったけど彼ならアプリリアでもタイトル争いが出来るだろう
    バニャイアはヤマハ時代のロレンソを見習って上手く戦ってほしい

  15. ブルームーン より:

    またマルケスが、引っ搔き回すような、、、

  16. まる より:

    マルティンとマルケスなら、力と気持ちはマルケスの方がやや上だも思います。

  17. まる より:

    マルティンとマルケスなら、力と気持ちはマルケスの方がやや上だも思います。

  18. まる より:

    マルティンとマルケスなら、力と気持ちはマルケスの方がやや上だも思います。

  19. 岸本ジョン より:

    F1ではフェラーリに7度世界チャンピオンのハミルトンが入る
    エースのルクレールは、はしごを外されてハミルトンのチームになる
    これと同じになり険悪になるだろうね
    マルケスはメカニックを自分専用にすることから始めるだろう
    お互い引かないから同士討ちが見られると思う

  20. 田中 より:

    アウディからの圧力が相当大きくてさぁ〜とは言えないもんね。

    チーム内はペッコの希望と違って、ギスつくだろうし、下手すれぁ同士討ちもあり得る。

    #93の実力は言うまでもないが、その中には直近ではヘレスのスプリントでミルにやった悪童アタックすら厭わない狂気が含まれてることを、ジジさんは心中どー捉えてるのかが気になるね〜。

    それとも契約でチームメイトには悪童アタックしない、という項目があるかな??

  21. きゃめる より:

    来季から二人の間でいろいろ出てくるのは有るでしょう。お互いタイトルを目指すんだから。
    ドゥカティ内が二分される事もないし、マシン開発に一人のライダーに振り回される事もないでしょう。ジジがいる限りドカの開発はブレない。

    ただ接触が多くなった時、どちらが引くのか。バニャもマルケスも完成されたライダーで技量の甲乙はつけ難い。あとはメンタル的なところ。どっちも強そうなんだよなー

  22. maxtu より:

    レポ後のザマーニ氏の本音が面白いw
    まともな人なら曖昧な答えに終始してると感じるよね
    ジジもマーケティング、親会社とか板挟みになっての判断だろうに

    正解は神のみぞ知る
    ヴァレのコメント来ないかな?

  23. MOTO ADICTED より:

    ジジが疲労困憊してたってことは、少なくとも完全な希望どおりの選択ではなかったのかな?と思わされる。公表はできないけど、スポンサーや来年の興行主からの横槍もあったかと勘繰らされてしまうね。予選のタイムと現在のランキング、これまでのドカティへの貢献度、これからの成長度合いからみて判断したら、ドビーを切ってペッコのような若手を引き上げたジジらしくない選択とも思えるけど真実は闇の中だ。ペッコには己のためはもちろん、マルティンやエネアがマルクより遅かったわけではないことを証明するためにもマルクに負けて欲しくないし、24,25,26とタイトルを重ねて欲しい。

  24. クアルタラ郎 より:

    > マルケスはロレンソ相手にもそんなことしなかったし

    それはロレンソがあの調子だったからであって、ロレンソも勝ってポイント争うようになったらセナプロ状態になったと思うけどなぁ。何せチームメイトにウソのフィードバックするくらいの心臓なのだから。

    個人的にはチームメイトに闘志むき出しでガチンコでやりあうのは大賛成。ペッコも口調は穏やかながら闘志メラメラな性格だから正面から張り合うだろうし。

    ただ、それが行き過ぎて危険な走行につながったり、政治的に裏でも戦ったり、スポーツの枠を超えた張り合いにはなって欲しくないし、マルケスの場合は過去の事例からそうなる予感がするから我々素人だけでなく現場のレース関係者も含めてみな不安に思っているのではないでしょうか。

  25. マルケスファン より:

    凄いコメント数ですね!世界はもっとでしょうね。
    これ見るだけでもマーケティングとしてマルケス取ったのは正解だと思うな。

    出来ればセナプロみたいに感情むき出しにして戦って欲しい。
    二人とも二年間契約で、最強の二人が最強のマシンで対決!来年と再来年は最高に盛り上がるでしょ。
    マルティンじゃこうは行かないと思うな。

  26. ダイどん より:

    マルケスがペドロサにウソ情報を伝えていたことが凄いことみたいに伝えられてるけど、それはF1でマンセルもFW14Bに乗ってた時にやってたしそこまで酷いことなのかなと
    F1で言うとシューマッハのエピソードで星野さんが言ってた全日本F3000の話が凄かった
    F1デビューする前に全日本F3000にスポット参戦したんだが、チームメイトであるハーバートのアンダーフロアの方が良さそうだから変えてほしいと言った
    ハーバートは断ったんだがサーキットから帰った後に付け替えさせたらしい
    シューマッハ曰く「自分はチームにNo.1ドライバーとして招聘されたから使う権利がある」とのこと…スポットなのに…
    それを話した星野さんは「速く走るためには嫌われようが、そんなこと関係ないんだ。たぶん、人間としては好かれていないと思う。でもチャンピオン獲ればそんなの関係ないんだよね」と語っていた

  27. ジジィ鑑賞勢 より:

    全体的にフワっと抽象的な言い回しが多くて別の話にも出てたジジのサイコパス説に納得出来たわ

  28. NSR50 より:

    素直にマルクにおめでとうと言いたい。
    スポンサーがらみのしがらみだのマーケティングの結果と言われるけど、それらすべて含めてマルクの実力だと思う。
    チーム内の雰囲気やバランス、チームメイトに対する態度とかを話題にする人が多いけど、それらをコントロールするのはチームの仕事だし、チームメイトが一番のライバルだというのを忘れてないか?
    チームメイトに政治的だろうがなんだろうが、どんな手を使ってでも勝てなければチャンプになれるはずがないし、そんなの大昔からの常識。チーム内で仲良しこよしなんて、場外からの妄想以外のなにものでもない。

  29. mokuba より:

    シートよりレインコンディションでウンチーニがオフィシャルカーで水飛沫を跳ね上げて走る姿が好き

  30. ストロングゼロ美 より:

    >政治的に裏でも戦ったり、スポーツの枠を超えた張り合いにはなって欲しくないし
    そここそロッシが一番長けてたところだね
    当時日本の一般のニュースでも報道されてたセテ押し出し勝利とかも色々メンタル攻撃してたねえ
    マルケスの蹴り出しも同様に色々煽ってたけどマルケス自身政治的な振る舞いはロッシに学んだと言ってて逆にロッシのメンタル壊してたしね
    そのへんマルケスはロッシの上位互換だね

  31. チャオ より:

    結構センシティブなペコだから、マルケスはぶっちゃけ五月蠅いだけの存在でしょうね。
    マルケスはドゥカオーダーに謀反起こしてでも己の我に忠実でしょうから
    結果で捻じ伏せて、ムリを通して来るでしょうし、何れ手に負えなくなる気がしますね。
    外様とはいえ、格的には圧倒的ペコより上な訳ですし。ペコも今までの雰囲気を乱さないで欲しい
    とか、生温く緩い考えは棄てて挑むべきかなと、ドゥカ首脳陣も含めて。あとは
    今現在、最速ライダーの2人が来年は手負いの熊の様にドゥカに食って掛かって
    来る訳ですからね。このドゥカのやっちまった感が来期どうなる事か、
    時は正にドゥカ黄金絶頂期な訳で、来期見ものですね。

  32. GPファンファン大佐 より:

    この決定にVR46のロッシとウッチョの心中はどうなんでしょうね?
    マルケスのワークス加入はVR46としては
    なんとも面白くないと思うんですが。
    もしかしてドカティとの決別のきっかけになって
    ヤマハサテライトへと・・・
    27年にはバニャイアがヤマハワークスに入ってたりして。

  33. 851 より:

    この人はある種のサイコパスで、自分の作ったマシンをより強くするためには手段を選ばない人だと思います。
    アウディの差し金も勿論あったと思いますが、マルクを最新機に乗せたいという欲望に勝てなかったということではないでしょうか。

  34. lay-k7 より:

    この状況状態でワークスチームに入れても、一般的な日本人だと結果を出せるかどうかの責任感とプレッシャーに押し潰されてしまうんだろうね。

    マシンではなく、同じパフォーマンスの肉体であったとしても、その肉体を操る精神次第でどちらにでもなったりとかとね。

    常に勝つための手段としてワークスチームを求め、そして、転倒することはあっても総合的には勝てるという自信をもって挑むマルケスの精神性は、まさに、研究対象でもありますよね。

    批判する暇があったらマルケスの精神性を研究したほうがいろいろと得るものがありますよね。

  35. 桑田裸郎 より:

    ジジ「マシンを叩き壊さない方にしよう」

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP