MotoGP

茂木GP問題:鈴鹿がダメな理由…日本人がいくら有能でも無理

モトGP『鈴鹿GP開催は無理』




日本GP開催は10月2日の話なのだが、すでに皆の頭の中はそれで一杯である。なぜなら放射能への恐怖が現実のものだからだ。
今回の震災で被害を受けた福島原子力発電所から茂木サーキットまでは100kmほど。そして現在に至るまで、情報開示がスムーズに行っているとは言いがたい。
そして、もう一つの現実が、ホンダ(茂木サーキット所有)や日本メーカーらの損得勘定なのだ。

ブルノGP中に行なわれたセーフティー委員会の集会では、鈴鹿サーキットでの開催の可能性についても触れられていた。
やはりホンダ所有のサーキットである鈴鹿は福島から優に500kmは離れており、当初はホルヘ・ロレンソ選手が提案し、その後、ヴァレンティーノ・ロッシ選手やホンダの『ビッグ・ボス』こと中本修平副社長までもが、同サーキットでの開催を挙げている。
しかしながら、実現は不可能だろう。なぜならば2003年に加藤大治郎選手がカシオトライアングル(シケイン)での事故で亡くなって以来、国際連盟がロードレース世界選手権の開催を認可しないからだ。

たとえ特例扱い(茂木よりはマシと言う理由で)にしても開催は難しいだろう。
2009年よりF1グランプリが再開したためエスケープゾーンの何ヶ所かがアスファルト舗装され、4輪には都合良くとも2輪にとっては最悪のコンディションとなっているのだ。

それではコースに手を入れてみたらどうか?
これも不可能。日本GP開催は10月2日の予定となっており、鈴鹿サーキットでF1のフリープラクティスが行なわれる僅か5日前にすぎない。
つまり運営面だけから見ても1週間そこらの間に2つのイベントを開催するなど、いくら有能な日本人と言えども無理と言うわけだ。


(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:Sport MEDIASET 2011年08月17日





本当に開催1週間前ぐらいまで揉め続けそうですね…


青山&コーリン&クラッチロー&ワイルドカード14名でも良いぞ!クリックPrego

人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. 鈴鹿は危ない より:

    やっぱりそうですよね。
    しかしインディジャパン(9月18日)が特に揉め事もなく何の問題もなく開催されそうなのに、なんでMotoGPはこんなに騒いでんでしょうね。
    二輪ライダーは気が小さいの?

  2. 静凛 より:

    初めまして
    毎日楽しみに読ませて頂いております
    いろんな解釈や意見・・・思惑がありますが、個人的には失望せざる負えません。

    逆にどんな理由であれ参戦表明してくれたコリンとクラッチェローが急に好きになってしまいましたwww

  3. 8耐大好き より:

    8耐は今年も開催されましたし、全日本ロードレースは毎年開催されています。
    あの事故の後の改修でラグナセカよりは安全なサーキットになったと思うのですが…。
    ロッシはもてぎより好きだと言ってましたよね。
    もてぎでも全日本ロードレースで死亡事故が起きたりしているし、もてぎが鈴鹿より安全なんていうことはないと思います。

  4. VALE46/? より:

     昨年サンマリノGPで死亡事故ありましたが、今年も問題なくGP開催されます、昨年あのレースをe2で見ていましたが、あの事故は人的原因があると思いました(事故の在ったコーナーの外側の人工芝が張ってありそれが死亡事故を招いた大きな要因ではないかと)
    更にコースマーシャルが富沢をタンカーで運んでいるしーが有りました、そこには恐ろしい光景が映っていました、事もあろうか富沢の頭の一方を持っていた人がタンカーを落としているのです。
     原因は映像から幾つか考えられますが、言い訳など許されません、事故で瀕死の人のタンカを落とすことなど、更に古い話ですが、昔ウエイン・レイニーが下半身不随の事故をしたのも同GPでした、サンマリノGPは今年もカレンガーから外れていません
     鈴鹿はそんなに危険なコースなのでしょうかサンナリノより
     8Hも毎年行われていますし、
     

  5. 紫電 より:

    オートポリスなんてどうなんでしょうね?
    一応国際サーキットなんですがね

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP