CEV

大炎上事故発生:スペイン選手権(CEV)2016アラゴン戦【動画あり】

『スペイン選手権(CEV)2016アラゴン戦:大炎上事故』




★5月29日(日)、スペイン選手権(CEV)アラゴン戦のモト2決勝レース2で、大炎上事故が起きた(上記映像)。

★最終直線コースに続く第15コーナーの立ち上がりでシャヴィ・カルデルスがマシンのコントロールを失い、転倒。マシンは最初は芝の上を転がり続けていたが、その後、コース上に入り込み、燃料タンクが外れてしまった。同タンクに後続マシンが衝突し出火し、数名の選手が巻き込まれて転倒した。

★レースディレクションの発表によれば、同事故に巻き込まれた選手は次の通り。なお、全員意識もあり、重傷者はいない。
Thibaut Gourin、Michael Aquino、ヤコポ・クレターロ(※イタリア人。アラゴンの病院で右足の手術を受けた。現在、スーパーストック600で総合首位。)。

★事故後、レースは再開した(結果はこちら)。

(2016年05月29日『Gpone』記事参照)
(2016年05月29日『Corsedimoto.com』記事参照)


[amazonjs asin=”B00BAKF6C6″ locale=”JP” title=”宮田工業 アルテシモ 業務用 粉末(ABC)消火器 【蓄圧式】 10型 SA10EAL”]

安全祈願クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP