MotoGP

スピース『こんなに速いタイムが出るとは…』、スミス『これから大変』…etc:今日のできごと

ベン・スピース選手は病み上がりの肩の痛みにより、セパンテストは全日程に参加できず…
あぁぁぁ〜〜〜またもや運に見放されたのかと思いきや…
ご本人は大変に満足してたんですね!

モトGP『スピース:次回セパンテストには100%』

bikeracing-spies-sepang.jpg ★手術後の肩が完治していないベン・スピース(プラマック・レーシング)は今回のセパンテスト3日中2日間のみ参加し、初日は21周回、2日目には27周回をこなした。

★スピース選手のコメント。
「テスト最初の2日間は、3ヶ月半振りのわりにはポジティブでした。満足しているし、正直なところこんなに速いタイム(2分03秒002)を出せるとは思ってませんでした。久し振りのマシンで良いテスト…嘆きようがありませんね。
ただ、2日目は肩が痛み出してね…続ける気になれなかったんですよ。とにかくうちは改善されてきてるし、2週間後の第2回セパンテストでも良くなるでしょう。僕もがっちり回復したって思えるようになりたいです。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年02月11日 Bikeracing.it記事より抜粋)



さて、満足していると言えば…
こちらのボクちゃんも!

モトGP『スミス:2回目のM1テストで納得』

bikeracing-smith-sepnag.jpg ★テック3のブラッドリー・スミス(2009年125ccクラス総合2位)が2回目となるヤマハYZR M1機のテストを終え、モトGP機も乗りこなせることを証明してみせた。
関係者らからも疑いの目で見られていたスミス選手だが、今回のセパンテストでは難なく上位10位に入ってみせた。

★セパンテスト初日が2分03秒460で、最終日には2分02秒093まで削ってみせ、首位ペドロサ選手とは2秒弱差だった。

★スミス選手のコメント
「今回のテストには大きな期待をせずに挑んだんですが、出来具合には満足してます。8位のタイムで終えられるなんて大満足ですよ。ただ、僕が乗ってるヤマハM1機にはそれぐらいの順位に付ける力があるのだけれど。モトGPマシンからまだまだ学んでる最中で…だけど、周回を重ねる度に進歩があって…特に乗ってる時の信頼感が増してるんです。ここまでは全て順調…ただ、これからが…トップとの2秒差を縮めるのが難しいですね。今回のテストで何とかしたかったんですが…これから、このギャップを埋めるのに出来る限りのことをしなければ。
今回は最後にレースシミュレーションもしたんですが、マシンの挙動なんかが分かっただけでした。あんなに気温が高い中でモトGP機に乗るのは心身共に大変で…でも最終ラップで2分02秒9を出せたんです…最高タイムが2分02秒5なんだから悪くないですよね。満足してます。たくさん学べたし、これから少し休まないと。でも、気が変になりそうなぐらいコースに戻りたいんですけどね。」

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年02月11日 Bikeracing.it記事より抜粋)

いやぁぁ〜〜ポンシャラルさんも、一息ついてることでしょうなぁ。



モトGP若手さんと言えば、こちらさんも忘れちゃ〜いけない。
次回セパンテストは、まず時差ボケ対策からですかな。

モトGP『中本修平:ブラドル、2013年は表彰台を狙わねば』

omnicorse-bradl-nakamoto.jpg ★モトGPデビュー年を好調に終えたステファン・ブラドルについて、中本修平HRC副社長が次のように話している。
「ブラドル選手は昨年も表彰台に上がれるチャンスが何度かあったが、事故のせいで逃してしまった。ですから今年の第一目標は表彰台で、その次のことはそれ以降の話ですね。」

★ブラドル選手は2012年末にLCRチームと『ファクトリー・サポート』の選手として契約更改をしており、つまり、かつてのマルコ・シモンチェッリ(グレジーニ)がHRCから直接のサポートを受けRC213V機に乗っていた待遇に類似しているはずだ(詳細はまだ公表されていない)。

(日本語翻訳:La Chirico / 伊語記事:2013年02月11日 Omnicorse.it記事より抜粋)


みんな、これから大変………クリックPrego

人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP