BSB

2015 BSB スラクストン【決勝レース1・レース2 リザルト&トピックス】

bsb-2015-thruxton-race2-brookes.jpg

『2015 BSB スラクストン 決勝トピックス』

[レース1]
★8月2日(日)、ブリティッシュ・スーパーバイク選手権(BSB)スラクストン戦の決勝レース1が行なわれた。

★レース1はジョシュ・ブルックス(ヤマハ)が前戦の連続優勝に続き1位でゴール。チャンピオンシップのライバルであるPBMカワサキチームのシェーン・バーンに7ポイント差で有利に立った。

★2位はダン・リンフット(ホンダ)。3位はジェームス・ウエストモアランド(カワサキ)。

★リュウイチ・キヨナリ(BMW)12ラップ目でリタイア。

★第6ラップでリチャード・クーパーがコース上にオイルを撒き散らし、これによりジェームス・エリソンとクリスティアン・イドンが転倒。レッドフラッグでレースが中断された。その後、15周に短縮され再開されたが、イドン選手はレースに復帰できたが、ジェームス・エリソンは手首骨折により参戦せず。なお、エリソン選手は今回のラウンド後も総合3位でタイトル争いをしている。

(2015年8月2日『Britishsuperbike.com』記事参照)


[レース2]
★8月2日(日)、ブリティッシュ・スーパーバイク選手権(BSB)スラクストン戦の決勝レース2が行なわれた。

★ジョシュ・ブルックス(ヤマハ)が前戦に続きダブル優勝で躍進した。ブルックス選手は、総合2位のシェーン・バーン(カワサキ、レース2では2位)に対し12ポイント差で総合首位に立ち、次のキャドウェルパーク戦に挑む。

★3位はルーキーのルーク・モッシー(カワサキ)。

★ジャック・ケネディー(カワサキ)が転倒し、セーフティカーが介入し、第15ラップ目からレース再開。

★レース再開後7位だったモッシー選手が残り数周から猛烈に追い上げ、バーン選手と2位争いの接戦となったが、バーン選手が競り勝った。

★7列目20番グリットからスタートを切ったリュウイチ・キヨナリ(BMW)は17位でレースを終えた。

(2015年8月2日『Britishsuperbike.com』記事参照)


『2015 BSB スラクストン 決勝レースリザルト』

[レース1]

bsb-2015-thruxton-race1.jpg


[レース2]

bsb-2015-thruxton-race2.jpg


[チャンピオンシップ スタンディング]

bsb-2015-thruxton-championship.jpg


[amazonjs asin=”477962522X” locale=”JP” title=”RACERS Volume33 (SAN-EI MOOK)”]

清成GAS!GAS!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP