MotoGP

秋吉耕佑、アブラハム代役で参戦:2015茂木GP

『アキヨシ:アブラハム代役、茂木GP参戦』

akiyoshi-gpone.jpg


★カレル・アブラハムが今年のバルセロナ戦FP中に左足を負傷し、その後のアッセン/ザクセンリンク/インディアナポリス戦を欠場した。
ホームであるブルノ戦で復帰したものの、まだ完治はしておらず、茂木次戦の欠場が決まった。セパン戦での復帰は、今のところ未定。

★茂木GPには代役としてホンダのテストライダーであるコウスケ・アキヨシ(上記写真)が参戦する。

★アキヨシ選手は2006〜2008年モトGPクラスにスズキ機でワイルドカード参戦し、その後、ヒロシ・アオヤマ代役として2010年に2回、2011年に1回、ホンダ機で参戦した。また、2011年の茂木戦にワイルドカード参戦もし、同クラスでの最高リザルト12位を獲得している。

★今回の茂木戦モトGPクラスには、この他、タクミ・タカハシ(ホンダ)、カツユキ・ナカスガ(ヤマハ)もワイルドカード参戦し、日本人ライダーが計3名参加する。

(2015年10月05日『Gpone』記事参照)


[amazonjs asin=”B00B6PCE98″ locale=”JP” title=”TOYO MARK 東洋マーク製作所 ステッカー 宇宙人 品番 R816″]

いよいよ今週末ですね!!クリックPrego > 人気ブログランキングへ

POSTED COMMENT

  1. 46 より:

    若い日本人ライダーに譲れよ。

    • んな より:

      テストの意味合いが強いのだろうから若手に譲る意味はないんじゃないでしょうか?
      もっとも、チャンスを与えて結果出せそうな若手がいれば、そうする気もしますけど。

    • 99 より:

      秋吉選手はテストライダーだろうが。
      突然ポンとRC213Vに跨がって乗りこなせる若い日本人ライダーがどこにいるんだ、バカが。

    • TOM より:

      気持ちはわかりますけど、もう少し言い方ってものがあるでしょう。

      上でんなさんも言ってますけど、なかなかホンダ系の若手ライダーで
      GPマシンを乗りこなせる選手はいないのが現状だと思いますよ。

      強いて言うなら、巧選手と同じくハルクプロで走ってる浦本選手くらいかな?
      でも、浦本選手だって今年JSB1000に上がったばかりで経験が浅いですし、
      そう考えると、秋吉選手のほかに選択肢はないと思いますけどね。

  2. maxtu より:

    ホームGPだし一人でも日本人が増えることは朗報

    しかし、アブラハムはもうmotoGP限界なのでは?
    銀のスプーンをくわえて生まれたのも一種の才能だろうけど、速くもないライダーがこれだけ転倒繰り返してもレースに出るくらいなら、才能ある人をサポートした方がいいのでは

  3. リカルド より:

    誰も言わないですけど、青山選手はでないんですかね?

    • TOM より:

      青山選手は同日に開催されるアジアタレントカップでサポート役に就任していて、
      ライダー達に指導をされていますから、その関係で出ないのかもしれませんね。

      それと、もう今期は何度か代役参戦してるしっていうのもあるのかも。

  4. suzuking より:

    秋吉クン!もうスズキに帰って来なさい!

    • suezo より:

      秋吉選手には、SUZUKIで、WSBに殴り込みしてほしいですよね

      • suzuking より:

        いえ。TEAM kagayamaで、加賀山選手と芳賀選手と組んで8耐優勝をお願い致します!

        つか、今年のRC213V不調の理由って、開発メインが秋吉選手じゃないからでしょ?
        全日本でもワークスに近いマシン(TSRやハルクみたいな)じゃないみたいだし…

        スズキに帰って来てノブアツと一緒にGSX-RRの開発してくれ~

  5. CB1100RD00 より:

    今季のホンダマシンを見ていれば、サテライト勢が中々上位に顔を出せないのが全てを物語っていると思います。
    一般向けがペドロサの方のフレームと言われていますが、それでも厳しい状況が続いている訳でクラッチローでさえあの状況な訳です。
    ドカ時代は別として、TECH3時代のクラッチローならもう少し目立てていましたよね。
    今と状況が違うので全く同じとは思いませんが、万人選手向けのマシンでは無くなっていると思われます。
    その方向性を振り間違えると、前半の様になりますのでマルケスはフレームのおかげで迷走していたようにもなりましたよね。

    秋吉選手はハードなセッティング方向だと聞いた事が有ります。
    8耐とかでパートナーが秋吉セッティングを乗りこなすのはちょっと難しいと言われる程固め話していたと思いました。
    それなりのスピードでなければ、ストローク量が出ない様なセッティングと言う事でしょうね...
    それでもGPライダーにはかなわないと言う話ですから、レベルが相当違うのでしょう。
    一般人の自分たちでは測り知れませんね...

    若手が乗りこなせるように、MFJ辺りでも昔の様にGP500クラスに近いクラスとか有ったら良いのですが今は一台の価格がえらい事になってますから無理でしょうね...
    市販RC213Vでレースをやる環境が全日本に有るとまた変わったりするのでしょうかねぇ...
    他メーカーがそれに値するマシンを作ってくれないと難しいか...
    あっ、カップレースとかでもいいのかな??
    RC213Vカップとかwww
    参加費半端ねぇーwww

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP