MotoGP

ロッシ『FPで苦戦する運命』2017ヘレスGP

『ロッシ:FPで苦戦する運命』

rossi-1 (1).jpg


★5月5日(金)ヘレスGP、ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)がドライコンディションのFP2を12位で終えた。なお、ウェットだった午前FP1は16位だった。

★ロッシ選手のコメント。

「厳しい一日でした。とにかく、天気がねぇ。FP1はレインタイヤで走ったんですよ。ウェットで走り込む必要があったんで。然るべきセッティングではなかったですね。2016年版ヤマハ機の方が、ウェットではもっと操縦が自然な感じでした。
FP2はドライとは言え、100%ではなかったから。けっこう濡れた箇所があって。危ないは、難しいは…100%プッシュは無理でしたね。最後にアスファルト路面が良い感じになったら、今度はセッティングで苦労してしまって。」

【ウェットでは何が問題?】
「ドライの時と似てますね。コーナー進入で充分にスピードが出ないんです。2016年は反対だったような感じなんですが。僕がウェットで好調な時は、ホンダ勢が苦戦してねぇ。ところが、今日はホンダ勢はレインタイヤで良い動きをしてたでしょ。まぁ、2016年版マシンの方が僕は乗り心地が良くって、プッシュするのがもっと楽だったってとこですかねぇ。2017年版だと然るべきセッティングを見つけるのに時間がかかるんですよ。」

【2日(火)のミシュランテストはウェットでもロッシ選手は速かったが…】
「そう、好調だったんですよねぇ。ただ、ル・マンはもの凄いグリップだから、かなりの問題を解決してくれると思うんですよ。ところが、ここはスピニングの問題がけっこう出てしまって。」

【明日は晴れで、気温も上がる予報だが…改善されるかも?】
「そう思います。今日のコンディションはちょっと特殊だったから。2016年はウェットだとヤマハ機がちょっと苦戦する感じだったけど、今日もそんな感じでした。カタールやアルゼンチンでも同じように滑ってしまい、ちょっと苦労してたんですよ。FPでは苦労する運命みたいでねぇ。少しづつ、然るべきセッティングに近づいていくんです。明日のFP3では10位以内に入るといいんだけど。」

【ペドロサ選手がいつになく良い出だしだが…優勝候補だと思う?】
「ここではいつも強かったから。倒すのは難しいでしょうね。」

(2017年05月05日『Moto.it』記事参照)


[amazonjs asin=”4879281077″ locale=”JP” title=”運命の逆転”]

運命の逆転クリックPrego > 人気ブログランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

 

ITATWAGP | イタたわGP