MotoGP

ロッシ『ギャップが大きくて心配…』2019セパンテスト

『ロッシ:ギャップが大きくて心配…』

★2月8日、セパンテスト最終日、ヴァレンティーノ・ロッシ(ヤマハファクトリー)が10位(+0.916)だった。
なお、初日/2日目は共に6位だった。

★チームメイトのマーヴェリック・ヴィニャーレスは5位だった。

★弟子のフランコ・モルビデッリ(ペトロナス・ヤマハSRT、VR46ライダーズアカデミー)は8位だった。

★弟子のフランチェスコ・バニャイア(ドゥカティ・プラマック、ルーキー、VR46ライダーズアカデミー)は2位だった。

★ロッシ選手のコメント。

「かなり頑張って作業しました。上手く機能してたものもあるし、そうでないものもあります。もうちょっと良いかと思ってたんですけどねぇ。ただ、良いアイデアはいくつかあるし、グループ作業も上手く行ってはいます。
高い戦闘力を目指して、まだまだ道は遠いですね。グループ作業は良くなってる感じですよ。この2年間は宛もなしに進み、迷子になったかのようだったから。
エンジンはちょっと良くなったんで、加速とグリップを改善していかないと。
ヴィニャーレスが一緒に走ってみないかと提案してきたんで、乗ってみたんですよ。ペースは良いけど、ヴィニャーレスの方が僕より上ですね。1周タイムで見れば、ドゥカティ陣とのギャップも小さいんだけど。
全選手、最大パフォーマンスを披露していたけど、上位4位まではドゥカティが独占してるわけで…これが今回のテストの結果ってことですよ。バニャイアを抜くのは容易じゃないでしょうね。まぁ、嬉しい気持ち半分ってとこですかねぇ。
個人的には順調でした。最初のテストだし、上手くいっていた事もあるし。ただ、まだまだ作業は山積みですけどね。ギャップがけっこう大きいから。時間が必要ですね。
今後のレースで何が起きるかが心配ですよ。うちはまだまだ遅れてるから。
でも、ボックス内の雰囲気には満足してるし、特に色々と案が出てるのが良いですね。ヤマハが改善に向けて集中してるって感じでね。それって重要ですから。」

(参照TV放送 『Sky Sport MotoGP


ロッシ&ビアッジ、ホンダ初テストの思い出話は
無料閲覧『note』で!!

[amazonjs asin=”B07JWM6T1X” locale=”JP” title=”ヤマハ(YAMAHA) トートバッグ VR46ヴァレンティーノ・ロッシ ファクトリーレーシング Q1G-YSK-554-000″]
[threecol_one]いいねPrego![/threecol_one][threecol_two_last]

[/threecol_two_last]

POSTED COMMENT

  1. Buell より:

    ヤマハ組は来年に期待しましょう!

  2. ジージ より:

    ヴァレのコメントから速い時と悪い時と混在している?って事?少しずつ改善されているけど、完全には解決していないのだろうか?
    マーベリックと意見一致しているとヴァレは話しているけど!マーベリックの別コメントは大分改善されて良くなったと?
    相変わらずマーベリックの早期改善節が有って混迷している様子。
    これはヤマハの現場大変だよぉ。

  3. mottoGP より:

    ここ数年毎年思うのですが、ヤマハは本当に勝ちたいのかな?
    現状を打破するために失敗する可能性があっても、勝つために
    新たなアクションを起こす気はないのかな?

    お!凄いのが出てきた!今年は凄くなるぞ!(失敗する可能性もあるが)
    という驚きも期待も何も無いんですよね毎年。
    ずっとマイナーチェンジをしてお茶を濁しているようにしか見えない・・。

    というヤマハファンの感想です。

  4. Hiro より:

    こ、今年は4台体制だから、、、
    さらにフォルガーもいるし、、、
    それはさておき、ノブ青木兄さんがいってたけど、ドカみたいにアイデアを即導入と日本メーカーのように保守的てのはどちらも一長一短らしいので、見守っていきましょう…

  5. クラッチ郎 より:

    ヤマハに来た頃のロッシならまた三味線弾いてるな…って
    思えてたのが近年は今年もダメかな…?と観てるこっちが
    割とナーバスになる開幕前…。でも10度目の制覇、頑張れ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP