MotoGP

ケーシー・ストーナー体調不良『カートも弓もできない…』

『ストーナー体調不良:釣りも弓もできない…』

ケーシー・ストーナーは2009年、慢性疲労に苦しみ、シーズン後半に3戦欠場。その後、乳糖不耐症と診断された。

★ストーナー元選手は2012年、レース参戦は好きだがモトGP業界がきらいだと言って、27才の若さで引退した。

★2013〜2015年はホンダで、2016〜2018年はドゥカティでテストライダーを務めたが、その後は趣味の釣りとボウ・ハンティングに勤しんでいる。

★最後にモトGP機に乗ったのは2018年1月のセパンテスト(ドゥカティ機)で、その直後、右肩の手術を受けた。

★ストーナー元選手が最近のインタビューで、体調不調を訴えていた。

「もう1年以上もカートには乗ってません。今はカートに乗れるほどのエネルギーがないんですよ。無理にやると、1周間はソファーで過ごすことになってしまって。
もう随分前から好きなことなんてやれてないんです。ちょっとストレスですよね。弓の方も、もう10ヶ月ぐらいはやってません。」

【どうしてそんなことに?】
「基本的に慢性疲労のせいで体調なり健康なり、きちんと維持することができないんです。
肋骨や脊椎、椎間板の方も力がかかると問題が出てしまって…けいれんが起きてしまうんです。そうすると、動けるようになるまでに優に1週間はかかってしまうんですよ。」

【オートバイには乗っている?】
「2018年1月のテスト後は…2週間ほど前、やっと市販機にちょっと乗ってみました。
僕の誕生日にアメリカで行われた『Alpinestars』のイベントだったんですが…飛ばしたりもしなかったのに、けっこうヘトヘトになってしまって。」

【新たな治療などは?】
「新しい薬を飲んで良くはなってるけど、いまだ思い通りのトレーニングもできないし、外出して色々とやってみるなんてこともできません。
だいたい4〜5日か1週間かはソファでじっとして過ごしてます。こうなると妻の方も大変でね。」

【引退直後、オーストラリアの『V8 Supercars』選手権に参戦していたが…】
「信じてもらえないかもしれないけど…僕は2013年には何もしたくなかったんですよ。とにかく1年間は何もせず、自由に過ごしたかったんです…せいぜいテストに参加するとか、4輪の試し乗りをするとか。それで2014年に『development series』に出ようと思ってたんです。
ところが、(2013年に)出なければならなくなってしまって。こっちの準備は整っていなかったのに…僕はへとへとで、燃え尽きていたって言うのに。
結局、(V8 Supercars)選手権はTV放映までされたじゃないですか…僕が出るからって。もう引き返すことなんて出来なかったんです。」


(参照サイト google 翻訳:『Gpone』)
(参照サイト google 翻訳:『Corse di moto』)


ご意見番ペルナット氏の「ロレンソはドゥカティ放出からケチが付き始めた」って話は無料閲覧『note』で!!

POSTED COMMENT

  1. 名無し より:

    最近情報が無いと思ったらそんな事に…。
    GPの時の体調不良は重度の乳糖不耐症って事になってましたけどまた違う病気になってしまったんですかね。

    復帰してSTOP THE マルクなんて夢も見ますが、先ずは元気になってケーシー。

  2. ニッキー69 より:

    心配だ…
    そのうちレースのない日常に飽きてもどってくるかとも思ってたけど、それどころじゃないなこれは。

  3. 19 より:

    憧れのライダーの一人。
    イケメン、すらっとした体系、美人な奥さん、偉大なるチャンピオン、そしてセレブ、、。

    ライダーとして全てを兼ね備えていると思いきや、、、やはり健康第一ですね。

    元気な姿をまた見せてほしい。

  4. 九十九里鬼 より:

    真の天才にはハンデが付きものだと言われるけど、フィクションの話だけに留めて欲しいよな。

  5. ムガ より:

    消化器官からくる倦怠感だと思いますが、ストレスが原因かもですね。
    私も消化器官の調子が悪くなって四六時中疲れが溜まっている状態になり、胃カメラを飲んでみると胃の中が変色してました、慢性胃炎だそうです。
    そうなると何かドタバタする度にどっと疲れてしまい、本当に2日~3日はソファーの上から動きたくなくなります。

    ストーナーの方がより重症だし、まだ若いので動けないのは大変だと思いますが、なるべく早く通常生活に戻れるよう祈ります。

  6. 慢性疲労は辛い より:

    腎臓とか血液や脳の検査も受けた方がいいのかもしれない?
    自律神経とか体内時計がおかしくなっているのかもしれないし。
    疲れが取れないのは辛いですね。。

  7. ノリッシ より:

    全ての変化をものともしない、完璧なレーサーです。

    家族でヨーロッパに移動し、世界チャンピオンまでの道のり・・想像もできない重圧だったはず。

    まだまだこれから人生長いです。早期全快を期待しています!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

 

ITATWAGP | イタたわGP